Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

トム・クルーズが映画の撮影中に怪我[動画あり]

アクション映画によく出演する大人気ハリウッド俳優、トム・クルーズ(Tom Cruise)は基本的にスタントマンを使わず、危険なシーンも自分自身で演じることで知られています。
できるだけ自分でスタントアクションを行うようにしているトムクルーズさんは非常に難しいシーンも成功したアクション俳優でも人気です。

スポンサーリンク

しかし、リスクがあるアクションシーンは失敗することもあります。

55歳のクルーズさんは来年、公開予定のミッション:インポッシブル6の撮影で自らアクションを行い、怪我をしました。この撮影は8月13日(日)イギリス、ロンドンで行われました。

命綱を着用し、建物の上から他の建物に飛び移るシーン。普通の人にはとてもできないアクションです。
体を鍛えている、勇ましいプロ俳優のトム・クルーズさんにも今回ばかりは無理でした。隣の建物までは長い距離があったのですが、ジャンプの距離が少し短くなってしまい、向かい側の建物の壁に激突。ギリギリで建物の端を手で掴み、自力で上に登ることができましたが、この後の歩き方を見るととても痛そうです。
少し足を引きずりながらスタッフがいるところまで歩いて、座る状態になり、倒れ込みました。

怪我の重度は現在のところ不明。クルーズさんの代表者と映画会社のパラマウントからもノーコメントです。

1962年に生まれたトム・クルーズは55歳になっているにもかかわらず、1986年に「トップガン (Top Gun)」でのブレイクから映画の出演を休んでいないのです。2009年を除き、1999年以降、毎年ヒット映画で出演しています。

プロデューサーとしても大活躍。今回の怪我に関係あったミッション:インポッシブルシリーズですが、実はトム・クルーズは主演の俳優だけでなく、プロデューサーも務めています。1996年から続いている6本のシリーズ映画は大変人気を集めています。このシリーズは、難しいシーンがとても多いのですが、クルーズさんはほとんどのシーンを自身で演じているのです。

下のシーンも全部クルーズさんはスタントマンを一切使わず、自分で演じています。

トム・クルーズさんのように、自ら危険なアクションを行う俳優は少ないのです。
理由はもちろん、今回起きた事故のように、怪我の可能性があるからです。代わりのいない俳優が怪我をしたらファンにも心配がかかりますし、映画撮影の支障や公開の延期にも繋がってしまうのです。

しかし、映画のリアルさを考えると自ら全てアクションを行うことは素晴らしいものです。
ただ、今回のシーンはまさにミッション・インポッシブルでした。


↑からページのシェアもお願いします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です