Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

Tag: 旅行

ワーナーブラザーズロンドンのスタジオではハリーポッターの世界が体験できる見学ツアーが定期的に開会されているということを知っていましたか? その名も『THE MAKES OF HARRY POTTER(ザ・メイキング・オブ・ハリー・ポッター)』 実は、今年の12月にこのツアーはさらにレベルアップされます。 今年の12月の11日・12日・13日の3日間、「大広間でのディナー」というクリスマステーマの見学ツアーが開会されます。 ハリーポッターのマジカルな雰囲気のクリスマスを経験できる夢のようなチャンスです。 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のクリスマスパーティーとそっくり シリーズの第4巻、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で三大魔法学校対抗試合に伴ってダンスパーティーが開かれたのを覚えているかと思います。ハリーはなかなかパートナーを見つけられず、ロンはハーマイオニーが他の人とダンスすることになり嫉妬して喧嘩になってうまくいかなかったですね。それでもなぜか印象に残ったシーンでした。 大広間はクリスマスのために装飾されていて、キラキラした白いデコレーションで目が痛くなりそうなほど綺麗です。 実は今回、ワーナーブラザーズスタジオのパーティー会場の大広間は映画とそっくりにデコレーションされるのです。大広間は初めて映画と本のクリスマスパーティーのように完全に再現されます。雪で覆ったクリスマスツリーや氷柱から、マジカルな楽器のオーケストラまで、いつもよりもまして豪華な大広間にしてくれるそうです。 ホグワーツの城のモデルも粉雪で覆われています。 映画と同じ場所でディナーを満喫 レッドカーペットを踏んでホグワーツの城へ入り、豪華なクリスマスディナーを味わえます。まるでハリーポッターの世界に入っているような気持ちになれるはずです。 終了後は、通常のスタジオツアーに戻るようです。ただし、撮影場所は冬の撮影シーンのようになっているという面白い一面も楽しめます。 ちなみに、ディナーパーティーのテーブルは10~12人席なので、ハリーポッターが大好きな世界各国の人と交流もできるかもしれません。 他のファンと交流したい方にもいい機会かもしれません。 メニューも魅力的!海外のクリスマスディナーを堪能 メニューはイギリスっぽさもハリーポッター的な様子も入っていて美味しそうなクリスマスディナーです。 前菜は鳥レバーでりんごが入ったパフェ。ベジタリアンのオプションもあります。メインはクランベリーが入ったターキーやピスタチオとポーク、ハニーで焼いた野菜などです。 デザートにはなんとキングス・クロス駅の「9と4分の3番線プラットフォーム」で提供されます。ロンドンからホグワーツに行きたい人が使う、あの超有名なプラットフォームです!クリスマスプリンやババロアなどがあり、どれも美味しそうです。 大人のためのイベント 18歳以上の年齢制限もあるので、残念ながら子供向けのパーティーではないようです。アルコールのバーもあり、城に入った途端にアルコールが入っているドリンクが配布される予定だそうです。 シリーズの作品でよく出てくる「バタービール」(butterbeer)も飲むことができます。泡がすごいことで有名なバタービールにはアルコールが含まれていないものもありますので、今回のパーティーで出てくるバタービールはアルコールが入っているか分からないので、飲む前には必ず訪ねるようにしましょう。 飲酒もイベントを楽しむ一部分になっているので入場での年齢制限にはそれが理由でしょう。ハリーポッターの世界が大好きな大人のための本格的なホグワーツのクリスマスイベントですね。魔法の世界に魅了されること間違いなしです。…

今年の夏休みは日本国内や海外への旅行客が昨年よりも増加するという見通しだ。飛行機を利用しての旅行が多いようで空港内も混雑することが予想される。 そんな苦痛を和らげるために、伊丹・関西・那覇空港では、2017年7月28日(金)〜2017年8月31日(木)まで、「JALキッズランド」がオープンする。航空会社、JAL(日本航空)は毎年夏休みと冬休みに期間限定でお子様用、遊戯スペースを設けている。JALキッズランドは飛行機の待ち時間にお子様が退屈しないようにという素敵なサービスだ。 実施場所の詳細は下記の通り。 伊丹空港 9:00~20:00 17~18番搭乗口前、21番搭乗口前 関西空港 8:00~16:00 22番搭乗口前 那覇空港 9:00~20:00 25番搭乗口前 ★利用料: 無料。 利用条件: 航空機ご利用のすべての方(保護者同伴が原則) JALグループ以外での出発の方でも利用できるとのこと。 飛行機の搭乗時間までとても長く、長時間待つのは大変だと思います。そんな時に是非JALキッズランドを利用してみてはいかがでしょうか?お子様が喜ぶこと間違いなしです。 せっかくの夏休み、最高の旅にしてください!

こんにちは。 先月5月、北海道に行ってきました! 特に予定などは立てなかったのですが、 数年前に行った時の魚介の美味しさが忘れられなかったので今回も魚介目当てに。 いざ出発! 今回はバニラエアーの格安航空を利用して行ってきました。 やはり海外と違って出発したと思ったらすぐに着いて感動^^ 約1時間40分ほどで成田空港から新千歳空港に到着です。 5月なのにものすごく寒い! 到着し、すぐに札幌に向かう電車へ! 座席はこんな感じ。 小さい頃を思い出しました。 電車に乗る前になぜか北海道という文字に誘われてミルクコーヒーを購入(笑) 電車に揺られること1時間。 到着!さっぽろだー!! しかしながら、天気はあいにくの曇り>< とりあえず雨が降る前に近場から攻めていきます! 札幌市時計台 周りの雰囲気とは違い、良い意味で古い感じ。以前にも訪れましたが、思っていたよりも大きく感じさせてくれる時計台でした! そこから少し歩いたところには、さっぽろテレビ塔があります。 歩いている途中で残念ながら大雨>

機内は誰もがストレスを感じる空間です。 人に気を使ったりすることは当たり前の事ですが、それが耐えられなくなってトラブルを引き起こしてしまう人が最近では多く見られます。 極端な例ですが、最近のニュースだと米ユナイテッド航空で起きたオーバーブッキングによる乗客引きずり降ろしや米アメリカン航空の国内線での口論、ANA機内でアメリカ人が男性職員を暴行するなど多くのトラブルが発生していますよね。 皆さんは機内でのトラブルや嫌な経験や目撃したことはありますか? 最初のニュースは例外ですが、何度も飛行機に乗っていれば一度や二度、嫌な経験をすることは普通のことなのかもしれません。 私も以前、飛行機に乗った時にとても嫌な経験をしたことがあります。それはエコノミークラスに乗った時のことです。 一人旅をした際に朝早くの出発でした。あまり眠れず疲労を抱えながら空港に到着。 疲れている状態で搭乗時間を待っていました。 やっとの事で機内に乗り込み一安心。 そして自分の座席を探していました。 座席を見つけた瞬間、、、 !!! 思わずチラッ、チラッっと二度見してしまいました。 なぜなら私の肘置きに堂々と足が乗っているのですから。 まぁここでは特にイライラする必要もないと思いました。 まだ前の席に人がいなかったから足を乗せているのだろうという期待を抱いて座席に座りました。 !?? まさかでした。 足どかさないのかよ!! さすがにイライラ。 すぐさまCAさんに言えば良かったものの、職員の方々はものすごく忙しそうで伝えることすらできませんでした。トラブルになるのも嫌だったので、耐えることにしました。 何よりも言ったら負けのような気がして変な意地を張ってしまった部分もあったのかもしれません。 何とかしてこの足をどかしてやろうと、 肘でガード。 それでもしつこく足を乗せてきたので、クッションを見つけて、 クッションガード また足を伸ばしてきました。…

最近ではスマホなどで簡単に撮影ができ、デジタルカメラの使用頻度が減っていることは明らかです。 ですがカメラの画質は明らかにスマホを上回るので、カメラ好きの方々だけでなく、今後も皆さんがデジカメや一眼レフなど興味を持って、頻繁に使用していただきたいものです。 今回はカメラ本来の使用方法とはちょっと違った意外な使い方をお教えします。こんな使い方なんてあまりしないかもしれませんが、役立つ時もあるかもれません。 以前海外旅行に行った時に、道に迷ってしまうことが多々ありました。 道路はとても広く複雑な道も多いのです。そんな私は方向音痴で、日本ではもちろん海外にいても道に迷うことが多いのです。良い点として日本とは違い海外には一つ一つ道の名前があります。例えば電柱や家の壁、信号機の近くに道の名前が書いてあります。 ですが私自身、すごく目が悪くてコンタクト無しでは生活が困難なほどです。 コンタクトでさえあまり強い度数を使っていないので、遠くの方にあるものは全く見えません。特に文字を読むことが難しく、少し離れた場所にある看板の文字でさえ、恥ずかしながら全くと言っていいほど見えません。 目が悪い私は、道の名前が見えないのですが、コンタクトを入れてたとしても1本先の道の名前は目では見えず、地図で見ても分かりにくいことが多々ありました。 そんな時にデジカメの出番です。デジカメのズーム機能を使用して見れば良いのです。ズームが少ないデジカメですと見えないのですが、手ぶれ機能がついていて光学ズーム10倍以上もあれば遠くの物や文字も十分見ることが可能です。 百聞は一見にしかずということで、画像を用意しました。画像が見つからなかったので、海外の看板ではなくて申し訳ないです。 もちろん撮影した場所は遠い場所なのですが、少しズームしてもなんとなく飛行船の文字が見えますよね? 光学ズーム付きのデジカメですとまだまだ拡大することができます!さらにズームするとこんな感じです。 素晴らしい!これですと完璧に細かい文字までくっきり。この方法であれば目が悪い私でも遠い文字を確認することができます。 スマホですともちろんここまではできません。 ズーム機能が優れていればもっともっと遠い小さい字でも確認することができます。まるで双眼鏡です! どうですか?デジカメに興味が湧いてきましたか? キャノンやニコンは光学ズーム付きで画質も良く比較的、安価で販売されております。 デジカメとしての撮影はもちろんの事、望遠で遠くのモノも見ることができるので一石二鳥。 上記の経験は一例ですので、他にも遠くのもの、景色などを見たい時にも役に立つかと思います。 当たり前のように思えますが、意外と便利な方法でした。 KettiNotes おすすめのズーム機能が優れたデジタルカメラ 3選! ・CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZR1800…