Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

Tag: ハグ

ハグには素晴らしい効果があるのをご存知ですか?知らない方は「これを読んでもあなたは「ハグをしない」と言えますか?」をご覧ください。 世界では、いろいろな文化があり、国によってハグの習慣が変わります。ハグを毎日たくさんする文化もあれば、ほとんど抱き合うという習慣のない国もあります。もちろん、人や習慣によって考え方が違っています。 アメリカではハグが挨拶代わり アメリカでは、ハグをするという習慣は挨拶として一般的です。 しかし、全く知らない人をハグするというわけではありません。 ビジネスの場面ではあまり向いていないので出張先でアメリカに行ったらハグする必要があるかなと不安を抱いている方は心配しないで大丈夫です。ビジネスの場面では、ハグではなくて、握手が挨拶として使われます。 ただ、友人や家族、恋人同士など親しい間柄で日常的にハグをすることはよくあります。友達と会った時や友達と別れる時、ハグでその時の気持ちを表すのです。 とても嬉しい時にそばにいる人と抱き合うこともあります。男同士でも、挨拶としてハグをすることは珍しくありません。 しかし、アメリカよりさらにハグが好まれる国がありました。 イタリアとスペインでは知らない人とのハグもあり 地中海周りの国、イタリアやスペインなどでは挨拶としてハグとほっぺにキスをします。初めて会った人にするのも、おかしいことではありません。 初対面でもハグと2、3回の頬へのチューは普通です。情熱的な国ならではの文化でしょうね。 南米 南米でも、ほっぺにチューやハグをする習慣が強いです。 国によって習慣が少し異なりますが、一般的に言うと、南米という地域はとても暖かい習慣で、握手のような挨拶は冷たいビジネスの場面に限られます。 家族と恋人とはもちろんどこでもハグをしますが、友達ともよくハグをします。ビジネスの場面でも、もし長い付き合いであれば、ハグをしてもおかしくないです。 南米では、どんな場でもハグやキス、触れ合いで愛情を見せ合うことは一般的なのです。 フランスでは挨拶としてほっぺにキス フランスでもほっぺに軽くチュウすることが大切な習慣です。 ただし、同様にビジネスの場面ではフンラス人もチュウをしないのが普通で、知らない人と会う時に言葉での挨拶の方が無難でしょう。 ハグはどうでしょうか? 実は、フランスでハグはアメリカのように有り触れた習慣ではないです。挨拶として軽いハグを交わしますが、嬉しい時に友達とハグしたり、別れる時にバイバイのハグをするのは、ほとんどありません。 フランス語では、英語や日本語のような「ハグ」と一致する言葉がないほど、ハグとは無縁でそのような習慣がないようです。 北欧の国では最近変わっている文化が 北欧はあまりハグしないという印象がありますが、特にスェーデンでは近年、文化が変わってきています。特に友達とハグすることが普通になってきました。 珍しいことに、フランスなどの短い挨拶代わりのハグと違って、スェーデンでは長く、深くハグすることが広がっています。 少し誇張した例ですが、15人くらい集まっているパーティーに行ったら、帰りにみんなに別れのハグをすることがあります。このハグは、何分も長くすることがあるという経験者もいます。…

あなたは大切な人とハグしていますか? ハグは抱きしめること。抱擁ともいうのでしょうか。 恋人同士は何となく恥ずかしい。結婚生活、慣れてしまうとハグなんて嫌だ。なんて人も多いでしょう。 そもそも人が抱き合うのは何故だろう? ハグは好きな人に対しての愛情を表す。 海外では家族や友人に対しての挨拶や敬意を表して抱き合うことで、気持ちを伝えることもあります。 詳しくは下記の記事に書かれています。 「勘違いだらけ!海外でハグの習慣とは?」 そんなハグには相乗効果であり、支え、安楽、慰めをもたらすのです。 ハグには色々な健康的な効果もあります。 モチベーションが上がる 脳のドーパミンとセロトニンというホルモンの分泌量が増えることで、いい気持ちになり、モチベーションが上がります。セロトニンの発生で嫌な感情の気持ちが抑えられます。 血圧が低くなる 誰かに触れると、肌のパチニ小体が発動して、脳の迷走神経にシグナルを送ります。迷走神経は脳の神経の一つであり、様々な働きの中で血圧を下げる効果もあります。さらに、ハグすることで脈拍が遅くなって、血圧を下げて心臓のあらゆる問題の確率を下げるのです。 ちなみに、血圧を下げる以外に、迷走神経はリラックスすることにも重要で、呼吸や心臓の働きにも重要な神経です。 ストレスと不安に完璧な治療法 抱き合う瞬間にストレスホルモンのコルチゾールの発生量が少なくなります。さらに、ハグすることで体に溜まった緊張がほぐれます。脳に落ち着くためのメッセージも送られます。自分だけではなく、相手に対しても安心感を与えます。 ドーパミンレベルが上がることはうつ病の回復にも繋がるという研究結果もあるのです。 免疫力が高まる アメリカでは「1日に一個のりんごを食べると医者が必要なくなる。」というようなことわざがあります。しかし、カーネギーメロン大学の研究結果によると、りんごよりもハグの方が体にいいかもしれないと言っているのです。404人が参加した研究で、ハグする頻度が多ければ、病気の感染率が著しく低下したのです。 ストレスが溜まると免疫力が低下しますので、特に精神的に苦しい状況でたくさんハグした方がいいかもしれません。 痛みを和らげる ハグすると痛みを和らげるエンドルフィンが発生します。このエンドルフィンが脳の痛みを伝えるメッセージをブロックして、痛みを和らげます。軽く怪我した時に、最初は痛いけど何分か経つと少し気持ちよくなる感覚を感じたことはありませんか?これもエンドルフィンの効果です。 自信が持てるようになる ハグによって、特に子供が自分への自信に繋がる効果をもたらします。脳のドーパミンレベルが上がることによって、自信が持てるようになり、自分への疑いが晴れます。「私には絶対できない」というような消極的な考え方が抑えられて、ポジティブな自分になり自信が持てるようになります。 子供の成長に大切 子供が健康的に成長するために、肌と肌の触れ合いが大切です。…