Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

シアトル旅行で絶品グルメをご紹介!おすすめのシーフードレストラン

シアトルの絶品シーフードレストランは新宿にあるダンシングクラブと似ている(dancing crab)

最近では日本にある、ダンシングクラブ(dancing crab)というシーフードを手づかみで食べるスタイルが流行りだしています。
そんな中で海外にも昔からある、手づかみシーフードに潜入してきました!

スポンサーリンク

もう何年も前になるがシアトルに行った時にとんでもなく美味しい海鮮フードを食べた。今まででこんなに美味しくボリュームのある海鮮を食べたことがなかった。アメリカでもこんなに新鮮で美味しい魚介を食べられるなんて感動しました。

それはクラブポット(The Crab Pot)というレストランだ!

そこには様々なシーフードがあるのだが、やはり名前の通りカニがメインのレストラン。

クラブポットの食べ方は斬新で、頼んだものがバケツの中にカニ、貝、エビ、ポテト、コーンなど様々な味付けされた具材が紙の敷かれたテーブルの上に豪快に広げられる。そしてハンマーでカニの殻を割りながら食べ、ビニール手袋を使い、手づかみで料理をほうばる。

こんな感じ

周りの人も皆ハンマーを使いながらドンドンと音を立てながら食べているので、なんだか笑ってしまう。

メニューはこちら一部ですが、他にも一匹カニが頼めたり、ソフトドリンク、お酒やデザートメニューもございます。

以前行った時に頼んだのは、1枚目からJUST FOR STARTERSから

Shrimp in the shell(1/2lb)2つ

2枚目のSEAFEATSから

The westportを2人前を頼んだ。

ジャルパック海外ツアーの最安値をチェック!

あまりいい写真が残っておらず申し訳ないです。今後機会があって行った時に、いい写真撮ってきます。

写真では分かりにくいがパンも付いてきて、他のものも結構な量で満腹です。エビに関してはとても多いです。

肝心の味だがテーブルに出ているものは全てスパイシーな味付けだが、そんなに辛くなく、辛いものが苦手な人でも食べれそうです。エビは塩茹ででケチャップにつけてシンプルに味わう。ケチャップをつけなくてもエビ本来の甘みがありとても美味しかった。

ちなみに食べ終わった殻やゴミを捨てる場所はテーブル下のバケツに入れましょう。

ぜひシアトルに行く機会があればぜひ訪れてみては?

住所

The Crab Pot

Alaskan Way  Pier 57, Seattle, WA

Phone: (206)624-1890

website: http://www.thecrabpotseattle.com

周辺の目印は地図上、右上シアトルアートミュージアム(Seattle Art Museum)を見つけられれば簡単に到着できるかと思います。

旅行予約するならエクスペディア

↑からページのシェアもお願いします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

It is main inner container footer text