Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

フィンランドの学校のルール – ピアスや頭髪がピンクでもOK?

ある日、フィンランドでバスに乗っていてびっくりしました。バスに乗り込んだ小学生の少年の耳に光っていたのは大きなピアスでした。

他にも辺りをよく見たら色々な場所で同じような光景やそれでいいの?と思わせるくらい派手な洋服、ピアス、染めた髪の毛の子がたくさんいたのです。フィンランド人の友達と会話をしたら「そうね、私も小学校でイロケーシしてたなぁ。」との思い出を語り出しました。「イロケーシ」はフィンランドでトサカのような髪型のことです。それもトサカの部分だけ髪の毛を残してあとは坊主に剃ってしまうという独特な髪型。別に不良ではなかったそうですが、今は普通の大学生なのに何で?と思ってしまいました。

スポンサーリンク

そんなフィンランドですが、学校での細かいルールは特に存在しなく、基本的に自由だというのです。

制服はなく、ルールもゆるい

一般的な学校では指定された制服はなく、普段遊びに行くような服装での登校が許可されています。ただし、あまりにも非常識な洋服は禁止されることもあります。あくまでも先生の判断で、実際注意されることは少ないようです。

個性的なファッション、化粧、派手な髪型、なんでもあり!

フィンランドの学校ではどんな格好でも、ほぼ大丈夫です。小学校から高校に渡って、髪の毛やピアスなど何をするかは生徒の自由です。子供は自分の両親に反対されない限り、髪の毛をピンクに染めてパンダのような濃い化粧で登校しても全く問題ありません。ピアスやタトゥーも学校から禁止されていません。ですが、ほとんどのタトゥーとピアスのお店は年齢制限が設定されていて、15歳以下でタトゥーやピアスをやってもらうのは難しいです。18歳の成人になるまでは親の許可がないとできないようです。タトゥーを18歳未満でやっている人は少ないですが、普通のピアスは、成績の良い子でも小学校でやってもらう子供が多いです。日本では到底考えられない文化です。

少しだけルールもある

・靴を履かないで裸足での登校はダメです。校内では靴を履かなくてもいいですし、靴を履いてはダメな学校もあります。小学校は校内用の靴がなければいけない場合が多いですが、中学校と高校は土足です。

・極端な露出はダメ。極端というのは、胸が開いたタンクトップを着ても全く問題ないのですが、明らかに裸と言える格好はいけません。従って、Tシャツを全く着ないで登校するのはダメです。下着だけでもちろんダメです。要するに、公共の場で警察に注意されない程度であればオッケーです。これは当たり前のことかもしれませんね。(笑)

・男性は学校の中で帽子をかぶるのはマナー違反ですが、男女とも注意されることがあります。気にしない先生もいます。高校の生徒の中には一度もニット帽を外さなかった男の子もいたようです。

・学校によって教室や食堂の中でコートを着るのは禁止されています。もちろん、学校の中が寒かったら着てもいい場合があります。

上のようなのはちょっとした決まりなので、厳しいルールはほとんどありません。先生によってきまりも違います。優しい先生が多いのでルールが無いと言っても良いのかもしれません。ほぼ全ての人が真面目なので、下品な格好で学校へ登校するわけではありません。

人によって「ダメ」と思う格好は違う

露出が多いと先生に嫌われるというのもあるようです。タンクトップの上にTシャツを着た方が無難だと思う人が多いようです。極端に短いショートパンツは控えた方がいいという意見もあり、他の生徒に嫌がれる可能性もあるかもしれません。以前、2012年にフィンランドのノウシアイネンにある学校は女性の服装について生徒の家族に通告を送ったようです。理由は、かなり派手な格好で登校してきたことです。学校によると女性の格好は「半分裸」や「学校よりビーチ向け」という感じでした。

それについて学校の校長先生はこうコメントしました。「生徒の服装を規制したいわけではないですが、本当に半分裸といった格好で学校に来るのは男性に対してもよくないかと思います。」と男子生徒が興奮してしまうのではないかとの指摘。このコメントに対する批判はもちろん大きかったのです。「女性の問題じゃないでしょ。」、「フィンランドって自由の国じゃなかったっけ?」というような対立した意見もあったそうです。

昔はもっと厳しかった

今から何十年間も前に、フィンランドの学校のルールはもっと厳しかったのです。女性は長めのスカートを履いて、男性は髪の毛が長かったら先生に叱れる時代でした。80歳ほどの年配の方に聞いたところ、「自由になんでも着ていいのはありえない。」と言っていました。

しかし、全く同じ話を50代の女性にしてみたら、なんと現代と変わらない雰囲気だったようです。学校に通っていたのは40年も前のことですが、ルールは特に厳しくなかったとか。ファッションや髪型はなんでもオッケーだったようで、どんな格好をしても注意されることはなかったみたいです。

やはりフィンランドの学校の自由という歴史は長いようです。

さいごに

フィンランドの学校は色々な意味で日本の学校より自由です。派手な格好で登校しても特に問題はなく、注意されたら逆に注意した方が悪い立場になることが多いのです。正式なルールが少ないので何もかも生徒、親、先生の判断次第。

このような日本では考えられないフィンランドのシステムをどう思いますか?

↑からページのシェアもお願いします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です