Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

インフルエンザにうがいは効果無し!本当に効果的な予防法とは

インフルエンザにうがいは効果無し?

冬の乾燥した時期になると急速に流行するインフルエンザは飛沫感染でうつる病気です。くしゃみや咳などに含まれるウイルスは呼吸器に吸い込まれるか、人との接触により感染します。飛沫感染なので完全に予防することは難しいのですが、感染のリスクを低くするためにできることは色々とあります。

スポンサーリンク

予防接種を受けることはもちろん大切ですが、予防接種は100%の予防対策にならないので日々の努力も大切です。まずは普段当たり前のように予防対策だと思われていたもので、実は全く効果のないものから挙げていきます。

うがいは科学的な効果なし!

風邪や他の感染症から予防しようとするときは、うがいの大切さはよく言われてきました。しかし、インフルエンザウイルスの場合にはうがいの効果に科学的な根拠がありません。
単純に言うと、うがいはインフルエンザ予防に効かないようです。

うがいをしてもどうして効果がないかというと、インフルエンザウイルスは体内に短時間で侵入するからです。ウイルスはたったの20分程度という短時間で体内に侵入するので、うがいをしてもあまり効果がないのです。

大げさなことを言うと、毎回20分以内の間隔でうがいを行えば意味があるという考えもあるかもしれませんが、このようなことについては、極端過ぎて研究する人もいません。これといった科学的な情報がないので意味があるともはっきり言えません。

話が少しそれてしまいましたが、うがいはインフルエンザ予防にはならないということです。

マスクも意味なし?

インフルエンザの時期になると予防としてマスクをつける人が多いですね。
実は、マスクを着用していても、鼻との間に隙間があるのであまり予防にならないようです。

しかし、すでにインフルエンザになった人はきちんとマスクを付けていれば自分のインフルエンザを他の人にうつさないための防止になることがあります。隙間ができないよう、顔にぴったり合うマスクを選び、着用の時は鼻まで覆ってください。

それでは、本当に効く予防は何でしょうか?

こまめに手洗い

石けんを使ってこまめに手洗いするのことが大切です。
自宅に帰った時はできるだけ何も触らずにまずは手洗いをしてください。

手洗いの大切なポイント:
・食事の前、帰宅した時、トイレの後は絶対に手を洗いましょう。
・爪や爪の間もきちんと洗うように心がけてください。
・指輪や時計などを外して手首まできちんと洗いましょう。
・ウイルスは石けんに弱いので、必ず石けんを使いましょう。

手が乾燥したらハンドクリームを!
インフルエンザの時期には手を洗いすぎて手が乾燥してしまうことがあります。消毒液は手を乾燥させてしまいます。乾燥して、傷ができたらインフルエンザだけでなく様々な病気の感染率が高くなるのでハンドクリームで傷防止をしましょう。

健康管理が感染のリスクを低下させる!

インフルエンザは他の病気と同じく、体が弱ったときや、疲れたなどに感染しやすくなります。適度な運動をして、栄養をきちんと摂ることで感染のリスクを低くすることができます。

特に大切なのは、免疫力を高める食材を食べることです。ヨーグルトに入った乳酸菌やニンジンなどに含まれているβカロチンは免疫力を高めるのに効果的です。

水分も意識してこまめに摂ることも大切。
お茶や、殺菌効果のある紅茶が特にオススメです。

人混みへの外出を控える

インフルエンザウイルスは家族や友達からもらってしまうこともありますが、感染率が最も高いところは当然人が多い場所です。満員電車のような混雑した場所では感染の可能性は格段に高くなります。

人混みを避けて外出を控えようとしても、通勤や通学、大切な用事などで出かけるということは避けられません。なので、上で説明した予防法や健康管理は非常に重要です。

そして、疲れている時に外出を控えることもとても大切なのです。
出かけなければならない日の前日には、早めに寝てきちんと睡眠を取るようにしてください。

疲れた時は、運動も控えてください。
特に疲れている時は体がウイルスに弱いので、負けてしまい感染しやすくなります。

室温と湿度管理を最適に

予防のために、適度な室温と湿度を保つことも大切です。
インフルエンザは気道感染症なので、空気が乾燥したときに粒子拡散でウイルスは遠くまで拡散し、感染しやすくなります。

ウイルスをできるだけ拡散させないように、加湿器で部屋の湿度60%前後を維持するようにしましょう。部屋の温度が低すぎると空気が乾燥してしまうので、室温も20度以上で保つようにしてください。

家族でインフルエンザに感染した人がいたら特に注意したいですね。

重ね着も忘れずに

感染を予防するために、体の温度調整も大切です。
寒すぎても暑すぎても良くないので重ね着することをオススメします。

暑くなったら脱ぎやすく、寒くなったらまた着やすい服装が一番いいです。
寒い日は上のコートの下に薄いダウンなど着たら最適です。

さいごに、普段からやっておきたい大切なポイントを紹介します。

過剰な消毒もNG

上で述べた通り、インフルエンザが流行っている時にはこまめな手洗いをすることは大切で、消毒することも効果的です。しかし、常に消毒をした方がいいわけではありません。

普段から消毒をしすぎると、菌と接することが少なくなり、体が風邪菌に強くなる機会が減ります。私たちの体は、菌と接することによって病原菌から予防できるようになります。

予防接種も実は、体に菌を入れるということを知っていましたか?
同じように、体に菌が入ったことによって体が菌やウイルスに対して強くなります。

適度な菌やウイルスを身体に入れた方が免疫力が高くなります。

さいごに

インフルエンザを100%防ぐことは不可能ですが、上の方法で感染リスクを下げることができます。流行する時期になる前に、今からしっかりと予防するように努力することが大切です。

↑からページのシェアもお願いします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です