Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

お腹を撫でると流産の原因に?胎児にストレスは厳禁

赤ちゃんを授かった時にお腹をたくさん撫でることは胎児に対してストレスを与えてしまっているかもしれないのです。新婚夫婦やこれから結婚など関係のある方には、ぜひ一度読んでいただきたいと思います。

以前妊娠した経験のある人に聞いた話ですが、新婚の夫婦が結婚をして大切な命を授かったときの話です。嬉しい思いと緊張している気持ちが混ざり合い、定期的に病院へ通い、お腹はなんとなく大きくなってきたかなぁという感じでした。

スポンサーリンク

そんな少しだけ大きくなったお腹を見て旦那さんは、奥さんに「お腹触ってみてもいい?」と尋ねました。奥さんは「触っていいよ!」と言い、嬉しそうな顔で旦那さんと奥さんが一緒にお腹を撫でていました。その男性と女性は初めての赤ちゃんがとても嬉しく、元気に生まれてきてね。と声をかけながら毎日のように撫でていたようです。

しかし、妊娠9週目に入った時のことでした。染色体に異常が見られ、流産してしまったのです。

実はこの背景には、妊娠が確認できた時に看護師さんからは「お腹はできるだけさすらないようにね。」と言われていたようです。しかし、初めての赤ちゃんが産まれるということと妊娠や体調など色々なことで右往左往、緊張と嬉しさで何がなんだか分からなくなっていたというのもあり、注意事項はあまり聞き入れられていなかったようです。お腹をさすることによってお腹の中の赤ちゃんにストレスや刺激を与えてしまい、遺伝子による突然変異で染色体異常が起こってしまう可能性があると言われていました。

だからと言って全ての人が同じ現象が起こってしまうということは限らず、撫でても問題なく元気に生まれてきた子供もたくさんいます。しかしながら、ストレスを少しでも与えてしまう可能性があるというのであれば、お腹を撫でるという行為は避けるべきでしょう。もちろん撫でるということの他に少しだけでも触ったりするのもやめるべきかもしれません。産まれてきた後でも赤ちゃんを触ることはできます。お父さん、お母さんから直接の愛情をたくさん感じられると赤ちゃんもなおさら喜びます。

上の例があったように新婚の夫婦は初めての赤ちゃんに戸惑ってしまうことが多いと思います。落ち着いて看護師さんやお医者さんに言われたことで重要なことはメモをしておくなど、奥さんと旦那さんがともに協力していきましょう。大切な赤ちゃんを産むにはそのような管理を怠ることのないようにしてください。

胎児が流産してしまう原因が必ずしも「撫でるという行為」という訳ではないのかもしれませんが、このような件があったので、赤ちゃんにストレスを与えないように、我慢するということも大切なのだと感じました。

↑からページのシェアもお願いします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です