Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

Category: ニュース

スウェーデンの大手家具メーカー、IKEA(イケア)は8人の子供の死亡事故につながったタンスについて再度警告とリコールを公表しました。とても人気のある「マルムシリーズ」というモデルのタンスは壁に固定していないと倒れる危険性があります。 同タンスは去年にもニュースになり、アメリカとカナダでリコールになっていました。タンスを店に返品することで返金してもらうか、返品はしないで壁に固定するためのツールキットを無償でもらい壁に固定して使用するといった選択肢がありました。 「壁に固定していないリコール対象のタンスは直ちに使用をやめてください。また、子どもが登れないような場所に保管してください。」 とIKEAの公式サイトに注意が表記されています。 このリコール発表は一年前からすでに公表されています。この時点では、すでに6人の子供がタンスの転倒が原因で死亡していました。 今回は、8人目の死亡事故に伴いIKEAは再度リコール発表をしました。アメリカのカリフォルニア州在住の2歳の男の子のジョゼフくんは昼寝のため1人になっていました。お父さんが戻った時には、息子は倒れたタンスの下敷きになり死亡していました。倒れたタンスは戸棚が3箇所あるデザインのマルムシリーズでした。 タンスの転倒が原因で8人の子供が死亡、何十人もの子供が怪我しています。IKEAに報告された破損や事故件数は186件です。この中の91件は子供の怪我につながった事故でした。マルムシリーズのタンスが原因だった死亡事故は2011年に初めて起きました。 マルムシリーズだけでなく、IKEAの他のタンスも死亡事故の原因になったことがあります。「GUTE」、「RAKKE」、「KURS」などというシリーズのたんすもしっかりと壁に固定されていない場合、命の危険性もあるとIKEAが発表しました。 リコールされたタンスのシリーズは2002年から販売され、アメリカで販売された台数は約1730万台です。IKEAでは現在回収と返金もしくは、壁に固定するためのツールキットの発送をを無償で行っています。また、マルムシリーズは圧倒的に人気なため、リコールの対応でIKEAのカスタマーサービスセンターは混雑しているようです。 子どもが目の届かない場所でタンスに登って倒れてしまうという事故が相次いでいます。家具を使う前にしっかりと取扱説明書をよく読み、壁に固定するといった必要があるかどうか確認することが大切です。

ある一人のロシア人少女を苦しめたのは、中国での過酷な3カ月間、奴隷のように扱われた仕事でした。彼女はファッションモデルで、日々の疲れから、意識不明の重体で死亡しました。 ロシア人で14歳のVlada Dzyubaちゃんはファッションモデル。彼女が死亡した原因は極度の疲労と慢性髄膜炎でした。中国の上海で行われたファッションウィークに参加し、13時間の長いファッションショーの最中に昏睡状態に陥りました。 長いファッションショーの順番を待っている時に高熱で苦しんでいたそうです。シベリアンタイムズによると、ファッションショーの開始からたったの2分で意識を失ったと報じられています。 Dzyubaちゃんは中国にいる時に、何度もお母さんに連絡をして、疲れていると悲痛の声を訴えていました。 「ママ、本当に疲れたよ。すごく眠りたい。」 と電話で泣きながら苦しみをお母さんに伝えたそうです。 お母さんは心配で眠れず「病院に行って!」と何度も電話をしました。中国へのビザの手続きも始めましたが間に合いませんでした。 11月に15歳の誕生日を迎えるはずだった、Dzyubaちゃんは中国で「奴隷就労」をされていたことが、明らかになっています。健康保険はなく、違法で働かせていたようです。このため、具合が悪くなっても病院へ行くことが怖くて助けを求めることもできなかったのです。 1週間に3時間だけ働くという契約でしたが、この契約が酷く破られていました。 ロシア人のモデルを次々に中国では求人を募集しています。違法で奴隷のように仕事させられているモデルも多いのです。このニュースでモデル業界の人間性や厳しさがまた話題に上がりました。 今回の事件に関しては、Dzyubaちゃんが所属していたロシアのモデルエージェントであるPermはこのようなことが起きてしまったことを深く反省していると伝えました。「このような事態が起きることなんて誰も予想できなかった。」とエージェントの代表者がコメントしました。Dzyubaちゃんの契約や健康保険のことは自ら確認ができていなかったと認めました。 Dzyubaちゃんの中国渡航契約の交渉をしたロシア人のマネージャーDmitry Smirnovからはまだ彼女の死亡した事実について現在のところコメントはしていないようです。彼女がモデル活動をしている時に使っていた自身のインスタグラムのアカウントがありましたが、すでに削除されています。

10月20日、大人気韓国アイドルグループ、スーパージュニアのチェ・シウォンさんが飼っている犬に噛まれ、53歳の韓国人女性が死亡した。 53歳のキムさんがマンション内に入ってきた犬に噛まれ、4日後、敗血症(はいけつしょう)で死亡した。犬の品種はフレンチ・ブルドッグ。 犬はアイドルであるチェ・シウォンさんの家族に飼われている。シウォンさんはSMエンターテイメント所属の国際的にも大人気の韓国アイドルグループ、スーパージュニアのメンバー。 Good night. “@siwon407: Long day. Good night. pic.twitter.com/GrYoIZB6jh” — BUGSY CHOI (@choibugsy) 2015年8月13日 上のツイートに映る写真は、犬とシウォンさんである。 事件後、シウォンさんのお姉さんはインスタグラムで家族である、父親が書いた謝罪を投稿した。 シウォンさんの父親は有名なレストランの経営者として知られている。 シウォンさんの父親は深く謝罪したが、反論を受るであろう内容も記載されている。 「死亡した隣人はうちの犬に噛まれて苦しんだのは事実で、敗血症で死亡したのも確かです。家の扉は少しの間、開いていたのも事実です。しかし、色々と聞いた後、死亡したのには、他の理由もあるみたいです。二次感染や治療での問題などの可能性も十分ありますので死亡の理由をこれ(噛まれたこと)と決めつけるのは難しいだろう。」 と綴っている。 謝っている反面、家族や犬の責任を認めないような内容が書かれていた。 「事実ではない情報が広がって、悲しんでいるキムさんの家族を傷付けることになるのが心配です。この事件はこれ以上拡大されないことを願います。そして、これから犬をきちんとリードに結びつけてこのようなことがもう起こらないようにします。」 と話した。 シウォンさんの父の説明によると、部屋のドアが少しの間、開いていた際に犬が脱走して、女性を噛んだという。 しかし、韓国のテレビSBSが放送した映像を見ると実際の状況とは、違っていた。…

日本人が大嫌いだ! こう話す外国人。 最近では世界の様々な国から日本に訪れる外国人観光客が増えている。年々増加する外国人観光客は日本の文化に興味を持ち、日本食、観光地、日本語やアニメ、漫画まで色々なところに惹かれるようだ。日本の文化を口コミやソーシャルネットワーク(SNS)などで世界に情報を広めてくれる人も多く、また新たに興味を持った外国人観光客が日本に来てくれるのはとてもありがたいことである。 そんな中で特に目立つのはマナー違反だ。 日本人でも、もちろんルールを無視する人が多いのだが、外国人観光客も決まりを守れない人が多い。最近では今まで外国人を見かけなかった街でも外国人を見かけるようになり、繁華街では1日に1回は見かけるのではないでしょうか。マナー違反で特に多いのが、電車内で地べたに数人で座っていたり、大声で会話、当たり前のように電話で話しているというような光景だ。外国ではそんなことは一般的で、悪いとも感じていない。この点は文化の違いなのだからしょうがない点もある。しかし、いけないと理解していながらも自分には関係ないと思っている人もいる。こんな人がいるからルールを守れない人が増えるのだろう。 悪質な行為になると、お寺や重要文化財の落書き、器物破損をする人まで出てきている。この行為は誤ってやってしまったことではなく、悪意あってのいたずらだ。他にも綺麗だからと言い立ち入り禁止区域に入ること、線路の上で写真を撮影すること、線路上にお金を置いてペタンコに潰してお土産に持ち帰るようなことも行われているようだ。さらには釣りをしてはいけない場所での大量の密漁や桜などの綺麗な木の枝を折って持ち帰る行為、枝にぶら下がり写真を撮っている姿も見られた。このような自分勝手で周りのことを気にしない迷惑をかける秩序や道徳というものが全く存在しない人も多いのだ。 外国人にインタビューをすると、謝罪し、二度とやらないと素直に非を認める人もいれば、「せっかく日本に来たのだから撮りたい写真を自由に撮影したい。」というようなことや「他の人もやっているから問題ないだろう。」、「危険は自分が一番分かっている、問題を起こさなければいい。」などと意見は反発的なことも多い。 日本には興味があるが、日本人は大嫌い。一部の外国人はこう話す。 日本の文化を楽しみに訪れる外国人観光客が増加する一方でルールを守れない観光客もどんどん増えてしまっているのが現状である。マナー違反は一向に減らず頭を抱えている人が多い。事件や事故にもつながる違反行為。今後さらに増え続けるであろう外国人観光客への対策を考え、取り締まりをさらに強化すべきだ。

2017年7月24日、西日本在住の50代女性がマダニに感染した野良猫に噛まれて死亡したいたことを厚生労働省が発表した。これは過去に例がなく、世界初の事例だという。厚生労働省がこのようなことが起きたことは大変な脅威だとして、今後も同じことが起こらないようにと注意喚起をしている。 この事故が起きた経緯として、最近ではマダニが増加していることが原因で、野良猫が草むらや森林に入り、マダニに噛まれ感染して、感染症を引き起こしていた可能性が高い。そして、マダニに感染した野良猫に噛まれた女性は『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』が猫から人間に発症した。動物を介して噛まれて死亡したことは過去に例がなく、世界初のことだという。女性には特に持病などは確認されなかったようだ。 野良猫をむやみに触ったり、近寄ることにも十分注意が必要だ。通常ペットとして飼っている猫や犬などには感染する可能性が少ないが、外出した際に、草むらや自然の多い場所などに入り込んだ時には十分注意すべきである。 マダニといえば特に草むらや野山に生息し、肉眼でも確認できるが、実際にマダニが動物や人間に付いているかはすぐに分からないことが多い。ここまで小さな生物に噛まれて死亡してしまうということは脅威である。 そんなマダニに人間が噛まれると感染症を引き起こす可能性があるのだという。最悪の場合、死に至る恐ろしいダニだ。症状としては、発熱や倦怠感、吐き気などを引き起こす。潜伏期間は6〜14日と言われており、感染した可能性がある場合には、すぐに病院へ行き、医師による適切な検査と処置をしてもらうようにすべきだ。 マダニに感染した猫に噛まれた場合も同じである。感染しているかも分からない状況で、動物に噛まれたり、引っかかれたりした場合には当たり前のことだが、早急に病院へ行くことを覚えておいてもらいたい。 マダニの対策として、草むらなどにはできるだけ近づかないようにし、肌は露出しないように長袖長ズボンや長靴のような物の着用は必須だ。もし、マダニが肌に付着しているのを確認できた時には素手で払うのではなく、何かものを使って払った方が良い。マダニを発見した際には、保健所に連絡すべきだろう。 国内でもマダニに直接噛まれて死亡した例は今月を含めて複数人報告されている。感染した人はさらに多いようだ。 しかしながら、動物を介して死亡するということは今回が世界初となってしまった。詳しい感染経路は不明だが、おそらく猫がSFTSウイルスに感染し、発症したとみられる。感染することも大問題だが、人間が死亡してしまうということは見過ごすことはできない。マダニの拡大を防ぐためにも早急に対処して欲しいものである。 今回の事件を通して、猫などの動物が何をきっかけに攻撃してくるかは分からない。動物がマダニに噛まれており、感染症を引き起こしていた場合には大変なことだ。単純に可愛いからなどと言って噛まれたり、引っかかれたりと怪我だけならまだしも、最悪の場合、死を招く結果につながってしまうこともある。野良猫だけでなく、外にいる動物には安易にエサを与えたり、触ったりしないように注意すべきだ。

今やスマートフォン一つ持っていればできるフリマアプリでの商品売買。mercari(メルカリ)、楽天のラクマやフリルといったフリマアプリが流行し、売り買いが誰でも簡単にできることから利用する人が急増している。一般の家庭でいらなくなったものや手作りの家具やアクセサリーなどの装飾品まで出品されているものは数多い。出品方法はとてもシンプルで商品写真を撮影、説明文を書いて、コンディションなどを入力し、出品ボタンを押せば出品完了となる。利用方法が手軽なことからスマホやiPhoneを持っている若い世代から大人、主婦のお小遣い稼ぎに利用できることで大人気だ。 アプリ内では様々なジャンルのものが取引されており、洋服、雑貨や家電製品も出品されている。さらに夏休みの宿題代行、手書きの文字やトイレットペーパーの芯といった驚きの商品まで売買されている。誰がどんな物に価値を感じるかは人それぞれのようだ。 そんな中で悪用するためにフリマアプリをインストールして利用客を狙ったケースも問題視されている。例えば以前ニュースでも取り上げられたような、PS4(プレイステーション4)やNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)などのゲーム機本体の箱だけを販売するような手口だ。出品タイトルには箱だけという表記はなく、商品の説明欄に長文でゲーム機の仕様やスペックが詳しく記載されている。その長文の中の一部に箱だけと表記する手口である。かなりの長文であるために、一部分で箱だけと書かれていても見つけることは難しいだろう。画像には箱だけ写っている場合や箱と写真が写っているケースもある。また、箱の写真は自分個人で撮影されておらず、大手通販サイトであるAmazon(アマゾン)やどこか他のショッピングサイトから画像を拾ってきているのだ。商品説明も全てコピー&ペーストされていることも多い。無断使用での著作権法違反という点でも問題になるかもしれない。 消費生活センターの相談窓口で対処法を尋ねてみたが、明らかに疑わしい行為ではあるが、商品説明の記載には箱だけと書いてあるのでお金を取り戻すのは難しいという話だった。受け取り評価をする前ではお金を取り戻すことができるのだが、受け取り評価をした後では、ほとんどの確率で返金してもらうことは難しいという。このような状況が起きてしまった場合には最悪泣き寝入りということにもなりかねないだろう。その細かな部分で、悪質な出品をする詐欺師は購入者の泣き寝入りを狙っていることが多いのだ。 今までに数々の特殊な販売方法がアプリを通して行われており、現金を販売する行為や領収書などを売る人までいた。多額のお金を買い、クレジットのポイントを貯めるようなことや領収書がフリマアプリで販売されており、それを購入し、経費で落とすということなのだろうか?他にも、ダビングや録画したCD、DVD、テレビドラマを販売する人まで出てきている。コピーや複製したCDやDVDを販売目的でなければ、決められたルール内での利用は違反行為には当たらない。例を挙げると、自分で購入したCDやDVD、レンタルCDを音楽プレーヤーなどにコピーして自分個人用として楽しむ分には問題ないのだろう。しかしながらコピー、複製やダビングした物をフリマアプリやオークションサイトといった場所で売る行為は著作権法に触れてしまい違法行為である。このような行為はフリマアプリ利用者から通報ボタンを押してもらい、事務局側が審査を行い削除するといった対処法や対策が行われている。また、他人や友人などに無償であっても譲渡する行為も違法であるようだ。購入者も知らず知らずのうちに犯罪をしてしまっている可能性もあるのだ。 出品者だけではなく、購入者も犯罪の手助けをしてしまっている可能性もある。何かあった時に、知らないでは済まされない事態に陥ってしまうかもしれない。 フリマアプリは簡単に利用できる反面、犯罪や悪用されるケースも増えている。犯罪に引っかかってしまったら最悪の場合、泣き寝入りということにもなりかねないだろう。特に、500円や1,000円といった金額の詐欺であれば、これ以上関わりたくないということで、諦めてしまう人も多い。そんな少額の詐欺を何度もして、違法に収入を得ている犯罪者もいるのだ。そんな悪質な詐欺や犯罪行為に巻き込まれることもあるので、購入前には商品説明欄をよく読み、購入していい物か、悪い物なのかをよく考え、注意を払いながらフリマアプリを利用するべきだろう。 最後に言っておくべきことがある。詐欺をされても受け取り評価をしなければ、お金が返金されるというトラブル対処法もある。メルカリやラクマといったフリマアプリはしっかりと対応してくれるだろう。詐欺をされてしまったら下記の記事にも目を通してもらいたい。 ・必ず返金される!メルカリで詐欺された時の対処法 ・絶対にお金が戻ってくる!ラクマで詐欺された時の対処法

アムラーという愛称で社会現象を巻き起こした大人気歌手の安室奈美恵さんが20日、40歳の誕生日を迎えた。同日、安室奈美恵さんのオフィフャルサイトで2018年9月16日をもって芸能界引退するということを電撃発表。25周年の節目を迎えての決意だという。ファンの間では、思いがけない突然の報告に悲しみの言葉や涙を流す人までいた。芸能界にも広がる『アムロス』でりゅうちぇるさん、イモトアヤコさんや木下優樹菜(きのした ゆきな)さんなど悲痛の声が寄せられた。 1996年に『アムラー』というブームで、安室さんのヘアスタイルやファッション、メークなどを真似する集団が増え社会現象が起きた。 ライブコンサートではMCを行わないことで有名の安室さん。そんなライブのチケットは非常に入手困難である。安室さんのライブでは歌って踊り続ける姿がカッコイイなどと言われているが、故郷である沖縄の『リベンジ凱旋』で普段MCは行われないのだが、今回は「騒げ、沖縄!」と湧き立てる場面もあった。普段とは少し違った雰囲気もあったライブだったという。安室さんの人気は落ちることなく、数々のヒット曲を生み出しており、多くの賞を受賞している。 残り1年間残っているが、安室奈美恵さんが歌手として今後どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか注目である。

過去にも盗作で訴えられたことがあるテイラー・スウィフトはまたもや盗作で訴えられました。2014年にリリースされたヒット曲『Shake It Off(シェイク・イット・オフ)~気にしてなんかいられないっ!!』の歌詞が、他の曲のパクリだということで訴訟を起こされています。 2人のポップソングライターのショーン・ホールとネイサン・バトルは、テイラーの曲の歌詞は2人の『Playas Gon’ Play(プレイヤズ・ゴン・プレイ)』という曲にあまりにも似ていると言うのです。この曲は2001年に3LWという女性グループの曲として発売されました。この2人は、テイラーの曲の20パーセントは「私たちのもの」だといい、多額なお金を求めています。 3LWの曲は大ヒット曲で、ビルボードチャートの81位を獲得しいます。 テイラーの広報担当者は、この訴えは「馬鹿馬鹿しい」と言っています。「お金目当てでしかありません。」と同担当者が反論しているのです。 歌詞は本当に似ているかどうか比べたい方は、下記をご覧ください。 3LWのPlayas Gon’ Play(プレイヤズ・ゴン・プレイ) Playas, they gon’ play / And haters, they gonna hate. / Ballas, they gon’ ball…

フィンランドのエスポー(Espoo)に住んでいる25歳の女性、エミリアさんはフィンランドの有名なブランドの板チョコを食べた時に、その中から生きている芋虫を発見しました。 エミリアさんは日曜日に、仕事での大変な一週間を終えて、テレビを観ながらリラックスしようとしていたと話しました。2日前にスーパーで購入したダークチョコレートを食べようとすると、中に生きている虫が入っていることに気付きました。 エミリアさんはスマートフォンで虫が入っているチョコレートを撮影をした。動画を観ると、白い芋虫はチョコレートの中に入っていることが分かりました。 企業は謝ったが、責任を取らない!? エミリアさんは次の日にチョコレートを作った会社に電話をしました。大企業の担当者は、本当に申し訳がなく、大変恐縮だと話したそうです。同担当者によると、このようなことはとても稀なことで、幼虫のシンクイムシだと判断した上で、工場で混入していないと伝えました。「シンクイムシは、たった2ヶ月間で卵から幼虫に成長しますので、私たちの工場で混入したことはありえない。」と担当者は言いました。 フィンランドの反応 日本でこのようなことがあると、大きな問題となります。マクドナルドの虫混入事件なども大変なことになりました。 しかし、フィンランドは少し違うようです。エミリアさんの経験についての記事は、とても面白いように書いてあります。インタビューでの質問の中で、「虫と競ってみなかったの?どっちが早くチョコを食べられるのか?」というようなふざけたコメントもありました。エミリアさんの反応も、同じようにポジティブです。「このチョコレートは虫も好きなら、相当美味しいチョコレートですね。これからも食べると思いますよ。」とエミリアさんがコメントしました。 ネット上のコメントも優しい ネット上のコメントもチョコレートブランドへの批判がないようです。 「こんなことはたまに起きてしまうのは、しょうがないからわざわざニュースで取り上げる必要もない。」というようなコメントがとても多いようです。 「よくあることだし、稀だからどうでもいい。」などという内容も多かったのです。「サラダなどで毎日虫を食べてるかもしれない。」や「こんなどうでもいいことで、こんな長い記事を書けてすごいわ。」とニュースの記事に対する皮肉的なコメントまでありました。 企業への批判よりも、ニュース機関に連絡した女性への批判が多いと言えます。「ニュースサイトに電話しないで、企業と個人的に相談することだけでよかったのではないか。どうせ何かもらったでしょ?ニュースサイトからもお金を要求して、相当お金好きだな。」という厳しい意見もあったようです。 全体的に、フィンランド人はユーモアや皮肉でいっぱいなコメントが大好きなようです。「虫はタンパク質が高いし、体にいいからいいね!プロテインが高いチョコレートとして売れば?もっと高い値段付けられるかもよ。」というようなすごい発想まで出てきていました。 さいごに 日本では、このような有名企業の食料品に虫が入っていたら、大変なことになりますが、フィンランドでは違うみたいです。個人的に面白いと思ったのは、有名な企業はほとんど批判されなかったということです。某企業はフィンランドで本当に愛されているという証拠ですね。 当たり前のことですが、虫が混入するということは、ごく稀に起きることだそう。これからもフィンランドのお土産を安心して買えると思います。

神奈川県大磯町の中学校での給食残食が高い。 その理由として、「給食がまずい」「味が薄い」「おかずが冷たい」という言葉が多く挙げられた。 一部の生徒は完食しているものの、様々な理由から給食を残している生徒が多い。 色々な改善策が必要だろう。 その後、保護者が給食を食べるという給食試食会が行われた。 保護者からは「盛り付けや見た目が悪い。」、「衛生的に問題がある。」と言った意見があった。 給食の残食率は全国平均6.9%で、大磯町では26%給食を残しているという結果があった。 その給食の残している状況や中身はこちら。 白米もこんなに残している生徒がいるようだ。 全体的に見ても完食しているのは、一部の生徒のみであった。 特に多かったのが今年5月29日に提供された『てりやきハンバーグ』の給食。 この残食率は55%だった。 給食は業者に頼み作られ、配達されている。 神奈川県の給食を担当している会社は以前より改善されているとのこと。今後も改善に努めていくと話す。 町の教育委員会はお弁当を持参できるシステムの導入を検討しているという。

アメリカの有名なハリヴッド女優、27歳のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)はインタビューで米大統領のトランプ氏を批判する発言をして、トランプ氏を支えている人たちを怒らせました。ローレンスは、この頃アメリカを襲ったハリケーンはドナルド・トランプ(Donald John Trump)や彼に投票したアメリカ人への「母なる自然」による罰だと訴えたという内容が広まっているのです。 Jennifer Lawrenceさん(@jenniferlawrencepx)がシェアした投稿 – 2017 9月 5 4:44午後 PDT インタビューの内容 アメリカで15日に公開される「マザー!」(mother!)というホラー映画に主演しているローレンスは、イギリスのチャンネル4でインタビューされました。アメリカの現在の状況や最近の変化などについて色々と聞かれました。 ローレンスが答えたのは下記の通りです。 「怖いです。なんか私にはわからない新しい言語ができているような気がして、もう理解不能だわ。あとは、地球温暖化は人間の行動によって起きることは科学的に証明されているのに、私たちはそれを無視し続けるのも怖いです。私たちにできることは大統領に投票するための票しかないのです。」 ローレンスは、アメリカの最近の変化があまりにもおかしくて、もう理解できないと言っているのです。アメリカの前大統領オバマ氏は地球温暖化が進まないように努力しましたが、トランプ氏はまだあまりそのようなことをしていないということに批判を見せています。 これを聞いて、記者は「もうアメリカ人は投票しましたよ。(すでに投票は終わってるからそんなこと言っても意味ないよ)」と指摘しました。 これに対しローレンスは、投票の結果を聞いた時に本当に驚いたと言い、ハリケーンの話に進みました。 「今のハリケーンとか見ていると、マザー・ネイチャーの怒りと激怒を感じないのは難しいです。」 *マザー・ネイチャーは、「母なる自然」「母なる地球」を意味する英語の表現です。海外ではこのような表現があります。「母なる自然」「母なる地球」とは、神様が作り出す自然界の力。(このようなことを信じている人や信じていない人など意見は様々です。) ローレンスははっきりと言っていませんが、この答えは色々な記者やインターネットユーザーによって次の通りに解釈されました。 要するにローレンスが言っていることは、トランプ氏は大統領になって悪い事をしているので、母なる自然はアメリカに罰を下しているということです。 この後、ローレンスはアメリカの国民の意見が真っ二つに別れていることについて聞かれて、気を動転させるようなことだと答えました。 「私の母国で起きていることを聞いたり、テレビで観たりしますが、私の気分を悪くさせることがいっぱいあります。本当に紛らわしい。」 しかし、ローレンスは、はっきり分かっていることが一つだけあるようです。 「ドナルドトランプという人間がどんな人かはっきり分かっていると思いますわ。」…

『バードストライク(bird strike)』とはその名の通り、鳥が何かにぶつかることを意味します。航空機や鉄道、自動車などにぶつかり危険な事故へと発展させることもある非常に危険なことなのです。 バードストライクは飛んでいる飛行機、走っている電車や車にぶつかり、様々な部分を破壊するほどの力を持っています。以前にはバードストライクによってガラスだけでなく機体のボディを破壊するといった事例もあるそうです。また、飛んでいる鳥が航空機のエンジンに入り込むことによって、エンジンが停止してしまったり、出火する可能性もあるのです。 バードストライクによって下のような事例が多々あったようです。 nahas-spotterさん(@nahasspotter)がシェアした投稿 – 2017 7月 2 1:09午後 PDT Atmosfera do Pilotoさん(@atmosferadopiloto)がシェアした投稿 – 2017 7月 10 2:54午後 PDT Kacieさん(@kacie.db)がシェアした投稿 – 2017 7月 24 2:41午後 PDT…

1 2 4