Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :

Category: 外国語

パーティーへ行ってちょっとお酒を飲むと外国語のスキルが妙に上がっているという経験をしたことはありませんか?お酒の力を使ってテンションやノリに任せて外国語を話してみようなんてことを考えた方も多いと思います。実はアルコールには本当に言語力の向上に関係があるかもしれないのです。 研究者が実験で証明 ある日、イギリス人とドイツ人の研究者が協力して実験を行いました。ドイツ語の勉強を始めたばかりの初心者を50人集めて、検証しました。 グループの半分はアルコールが少しだけ入った飲み物を与えられ、残りの25人にはアルコールが一切入っていない飲み物を渡されました。アルコールの量も体型によって測ってあったようです。 アルコールを身体に入れた後、参加者はドイツ語でのインタビューを受けました。このインタビューは録音され、二人のドイツ人と参加者自身に評価をつけさせました。 果たして結果は? ドイツ語を始めたばかりの人たちは勉強に苦労しているはずでしたが、なんとアルコールを飲んだ人の方が圧倒的に流暢になっていたのです。 ドイツ人の評価では、アルコールを飲んだ人は、飲まなかった人よりもドイツ語が上手になっていて発音も良かったと言うのです。 アルコールを飲んだ人自身、自分ではこの変化に気づいてなかったようです。参加者に自分のインタビューを聞かせて「うまくいったと思いますか?」と質問したところ、アルコールを飲んだかどうかには関係なく、答えは人それぞれでした。 アルコールを飲んだ人は「あまりうまくいかなかった。」と自己評価をしました。同様に飲まなかった人の中には「うまく行った。」と自身を高評価するというケースもあったのです。アルコールを飲んだ人の方がドイツ語が上手になっていたにも関わらず消極的な意見があったのです。 要するに、自分ではこの変化には実感できていなかったのです。 このテストですが、言語力をアップさせるにはアルコールの飲む量も重要なポイントなのです。 飲み過ぎには注意! この実験では適度の飲酒はいい結果につながりました。恥ずかしくて普段外国語が話せない人には特に効果的かもしれません。 しかし、お酒を飲んで効果的な方法はあくまでも適度な量の場合でのみ証明されました。この実験の適度なお酒の量とは、70キロほどの男性にはビール一杯未満でした。ワイン、焼酎、ビール何でも構いませんが、少量を飲むことが一番効果的です。 アルコールを飲みすぎると、逆効果になる可能性が高く、却って外国語が下手になってしまいます。飲み過ぎて外国人と話すことはいい印象も与えないので、下手になるだけでなく他の大きな問題にもなってしまうのでご注意ください。 さいごに アルコールを身体に入れることで言語力が上がるなんて、信じられないようなことですが、実際に良い結果が出たと証明されています。外国語の勉強で苦労をしている人にいいニュースかもしれませんね!ただし、効果が現れたお酒の量は人の体格によって変わります。先ほどにも説明しましたが、大柄な男性でビール一杯未満ということです。かなりの少量ですが、これが適度な量なのです。また、ドイツ語でしか研究していないので、他の言語に該当するのかは、まだ分かりませんが同じ外国語なので、試してみてもいいかもしれません。

ヨーロッパ北欧、雪国でもあるフィンランド。ムーミンやサンタが有名な国としてご存知の方もいるかもしれません。また、オーロラツアー、ヘルシンキへ旅行や留学しに行く人もいるのではないでしょうか。 そんな極寒の国と日本には類似点があまりないと思いきや、実はフィンランドの言語であるフィンランド語は色々な意味で日本語ととても似ているのです。フィンランド人からすると、日本語はとても発音しやすいのです。これはなぜかというと、フィンランド語と日本語の発音はとても似ているからです。ということは日本人もフィンランド語が発音し易いのです。 発音が似ているので、全く同じ音の言葉もたくさんあります。このような言葉はホモフォンと言います。同じ意味の言葉もありますが、全く違うというのもあります。フィンランドへ行ったら笑われるような言葉もたくさんありますよ! これを読んで少しでもフィンランド語の学習に役立ててもらいたいです。 日本語と間違いやすいフィンランド語 Kani (カニ) = うさぎ カニはフィンランド語ではうさぎという意味です。 うさぎは他にも、「pupu (ププ)」や「jänis(ヤニス)」という言い方がありますが、カニというと日本では食べ物の蟹(かに)を考えてしまうでしょう。 Kissa (キッサ) = 猫 発音は喫茶店の喫茶と全く一緒なのでびっくりするかもしれません。 しかし、フィンランドで「キッサ」というと、喫茶店とは全く関係がなく、猫のことです。特に最近流行りの猫カフェが好きな人には楽しい類似語ですね! Kone (コネ) = 機械 外来語のコネクションのコネだと思いきや、機械のことです。 日本ではコネで会社に入るというような言葉がありますが、フィンランドでのコネがあっても会社には入れません。機械があればとても便利ですが。「KONE」という、とても有名なエレベーターなどを作っている会社もあります。 日本でもKONEのエレベーターがありますので探してみてください。 Tori (トリ) = マーケット フィンランドのレストランでトリと言っても、鶏肉は出てきませんよ!…

海外旅行に行った時に一番悩むのは言語です。 特に現地に着いたら、必ず行くのはレストラン。 いざ入ってみたら注文方法がわからない。困ってしまってレストランに入るのをやめた。 というような経験はないでしょうか?そのような不安がなくなるように前もって練習していきましょう。 この記事ではレストランでよく使う英会話フレーズの便利な表現や言葉を紹介していきます。 レストランに入る時 レストランに入る時は、店によって様々なパターンがあります。自由に席を探して座ってもいいという店もありますが、店員を待たなければならない店も多いです。 どこかに「Please wait to be seated.」と書いてあれば店員が来るはずですが、何も書いていない場合も多いです。わからない時はとりあえず待つことにしましょう! 店の人が挨拶に来たら、日本のように「何人ですか?」と聞かれます。 色々な言い方はありますが、アメリカではこちらが一番一般的です。 「Party of how many?」(何人ですか?) パーティーという言葉が入っているので勘違いしやすいですが、人数を聞いているだけです。 確認するように、 「Party of 3?」(3人ですか?) というように聞かれることもあります。日本の店と同じ感じですね! この時に、数が合っていて問題がなければ、 「Yes, there’s…

英語は単語や文法をたくさん知っていても、文章を読んでいると意味が分からなくなることがよくあります。色々な理由で理解しにくくなることがありますが、特にイディオム文章を読んでいる上で、勘違いしやすいのです。 そもそもイディオムとは、熟語や慣用語句という意味で一つの単語に一つ以上の単語を加えると全く違う意味になってしまいます。例えばtakeは「(物を)取る」や「写真を撮る」というような意味がありますが、take part in ~ では「〜に参加する」という全く意味が違うものになってしまいます。 とってもややこしいですよね。 このように一つの単語で覚えるだけでは英語は読めないことも多いのです。なので、イディオムを覚えることはとても重要な要素なのです。センター試験、英検やTOEIC対策としても覚えておきたいものです。 今回紹介するのは、「hit」という単語を使っているイディオムです。 「hit」という動詞の本来の意味は「叩く」ですが、この記事で紹介するイディオムでは全く意味が違うのです。 1. Hit the books 「Time to hit the books!」という文章を聞いたことはありますか?この文章を言葉通りに訳したら本を叩くという意味になりますよね。しかし、「hit the books」は本を叩くという意味ではなく、勉強するという意味です。 例文: 「Sorry, I can’t go today.…

日本ではたくさんのカタカナ英語が使われていますが、実際に英語圏に行って日本では当たり前のような単語が通じないってことがたくさんあります。 その一部ですが、勘違いしやすい和製英語を紹介していきます! 勘違いしやすいカタカナ英語 ジュース Juice 日本では炭酸などの飲み物もジュースということが多いのですが、英語圏ではjuiceというとほとんどの場合、炭酸飲料やスポーツドリンクなどは含まれていなくて、果物のジュースやベリージュースという意味で使うことが圧倒的に多いです。炭酸飲料と言いたい時は「Carbonated beverage」というと誰でも分かりますが、一般的に使われている言い方は「Soda」や「Pop」、「Soft drink」というような短い言い方です。 サイダー Cider 日本と違ってアルコール飲料のことを言うのがほとんど。稀にりんごで作られたジュースのことも言いますが、普段はアルコールのこと。未成年はアメリカのレストランでサイダーが欲しいって頼まないでくださいね(笑) コンセント Consent アメリカでコンセントと言うと、全然違う意味になるのでご注意を!「Consent」は承諾、同意などの意味なので「Where is consent?」と聞いたら訳がわからない人が多いです。正しく言いたい時はPower outlet(アメリカ)あるいはplug socket(イギリス)と言いましょう。 サイン Sign 有名人のサインをもらいたくてサインプリーズと言って聞く人が多いかもしれないが、サインと言うと中指でするあまり良くないsignのことだと勘違いされる可能性があります。英語でサインって言いたいときはちゃんとsignatureもしくは、autographと言いましょう。signという言葉を使うこともできますが、動詞として「Can you sign this?」のように聞いた方が無難です。 バイキング Biking, Viking 日本語ではみんな大好き、食べ放題のことを言うのですが英語では同じ発音を使うと自転車に乗る(biking)、あるいはヴァイキング(viking)という単語に勘違いされることがあるようです。「Viking」の意味がわからない人は海外旅行をする前に是非一度画像検索してみてください。とにかく英語でレストランのことを話す時にはバイキングでは、全く訳わからないので注意しましょう。 バイキングは「Buffet」もしくは「All-you-can-eat」。最近は日本でもビュッフェと言う言葉は定着してきているのかもしれません。ですが、英語での発音は「バフェー」です。ビュッフェと書いてあっても国とレストランによって食べ放題という意味だとは限らないのでお店に入る前に確認しましょう。 マンション Mansion 英語のmansionという言葉に基づいているのですが、日本語のマンションという意味と違って、とても高級な住宅のことを「mansion」と言います。美女と野獣で出てくるお城のような高級な家だったり、何億も持っている大金持ちの大きな家のことを指します。海外へ行って、マンションに住んでいると言ったらとてもお金持ちだと思われ、おごらせるかもしれないので注意しましょう。 日本でのマンションは英語で言うと「Apartment(アパートメント)」です。…

電車に乗ると必ず聞く車内の英語アナウンス。最近では日本に訪れる外国人が年々増えており、電車内のアナウンスにも変化があります。日本人の英語を勉強している人にとって、あの英語は早くて聞き取りにくいかと思います。「なんて言っているのだろう?」と疑問を持つ方も多いでしょう。 そんな方々のためにもこれから英訳と翻訳の両方をしていきます。 アナウンスなんてどうでもいいなんて思っている人もいるかもしれませんが、細かいところまでしっかり聞くことができるようになることが、リンスング力アップのカギとなります。英語を勉強している上級者でも実は細かい部分までしっかり聞き取ることができていない人は意外と多いのです。 英語を学習している方、電車に興味がある方は豆知識として入れておいて損はないかと思います。ぜひこの機会に電車内の英語を覚えてリスニング力をアップしましょう! ちょっと英語が出来る雰囲気を出せれば、なんかカッコイイ!もてたいって方も必見です! 音声はありませんので、日本語と英文のスペルだけご紹介します。 電車内で音声を聞いてください。 山手線 ・五反田駅の場合 日本語: 次は五反田、お出口は右側です。東急池上線、都営地下鉄浅草線はお乗り換えです。 英語: The next station is Gotanda. The doors on the right side will open. Please change…