危険な歯磨き粉を使い続けると歯が抜け落ちたり、様々な病気になる可能性も!

あなたの歯磨き粉、本当に使って大丈夫ですか?

みなさんは毎日の歯磨きでの歯磨き粉は何を使っていますか?
歯磨き粉には多くの種類があり、人によって使うものは様々です。
その中で、粒が入っている歯磨き粉があります。
当たり前のように販売されているツブツブの入った歯磨き粉を使用している方、買ったことのある方は多いと思います。

実は『粒入りの歯磨き粉が危険』ということが分かっているのです。
では、なぜ粒入りの歯磨き粉が危険なのでしょうか?

目次


粒入りの歯磨き粉が危険な理由

砂浜に落ちている貝殻などが粉々になった美しい砂、石や砂利

歯磨きは毎日の習慣として当たり前のように行われることです。
怠ってしまうと、虫歯や歯周病、歯垢、歯石のこびり付きなど色々な問題が生じてしまいます。
ブラッシングを行う時に必ずと言っていいほど使われる歯磨き粉ですが、種類によっては危険が潜んでいるということを知っていましたか?

普段ドラッグストアに置かれている多くの歯磨き粉の種類。
特に注目すべきものは『粒入りの歯磨き粉

粒入りの歯磨き粉は歯や歯茎、歯肉に何かしら悪い影響がすると言われています。
実はこの歯磨き粉のつぶつぶは歯の歯周ポケットに入り込み、細かく小さな粒は歯の下、奥深く入り込み歯茎や歯肉に炎症を与え腫れ上がる可能性があるのです。
粒が奥まで入り込んだ結果、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうということにもなりかねません。

特に多いのがインプラント(人工の歯)の下から大量の白いつぶつぶが発見されたというケースがあるようです。


この成分名があったら要注意

市販で売られている歯磨き粉には実は危険な成分が要素が沢山ある。

歯磨き粉の成分に含まれる粒が危険ということで、ではどのような成分名で書かれているのでしょうか?
歯磨き粉によって成分の名前に違いがあるかもしれませんが、ここからは危険視されている成分についてお話ししていきます。

注目すべき言葉は『清掃剤』、『基剤』や『顆粒』などです。
清掃剤は、研磨剤とも言われ、歯を削り沈着汚れなどを落とすために入れられています。
他にもホワイトニングという言葉などが出てきたら研磨効果があるもので成分表を注目した方がいいかもしれません。

危険な成分
これらはすべて『清掃剤』、『基剤』や『顆粒』に位置します。
粒が歯の下や歯周ポケットに入り込むと炎症や歯が抜け落ちるという恐ろしいリスクもあります。

1.無水ケイ酸
研磨剤の一つ。シリカとも言い陶器などのガラス製品やシリコンを作り出す物として利用されています。歯の表面であるエナメル質を剥がすほどの硬さを持っています。
こんな硬いものが、歯周ポケットに入り込んだら恐ろしいですね。

2.含水ケイ酸
こちらも研磨剤で粒子が大きく、歯を傷つける可能性も。

3.炭酸カルシウム(炭酸Ca)
貝殻やサンゴの骨格や鶏卵の殻、石灰岩などからできていて、硬い成分は歯を傷つけてしまう恐れも。

4.リン酸水素カルシウム(リン酸2Ca)
この他にも「三リン酸カルシウム」「第二リン酸カルシウム」などと表記されている場合があります。

5.水酸化アルミニウム
アルミニウム、、、名前だけで恐ろしいですね。
こちらも研磨能力のある成分です。

7.重質炭酸カルシウム(重質炭酸Ca)
炭酸カルシウムはそこまで硬くないと言われていますが、粒には変わりないので、歯周ポケットに入り込む可能性ありです。

8.ポリマー、ポリエチレン、ポリエチレン未、ポリプロピレン
このような表記も注意です!
これは微粒子のプラスチックマイクロビーズが入っている可能性が高く、これを体内に入れてしまうと人体に悪影響が出る可能性があるという懸念がされています。


他にも危険な成分が!?

市販のドラッグストアなどに売られている危険な歯磨き粉の種類

歯磨き粉によっては他にも危険な成分が含まれている場合も!!
香料、甘味料、防虫剤などが含まれている歯磨き粉がありました。

1.サッカリンナトリウム
サッカリンは人工甘味料の一つで吐き気、消化不良、心拍数の増加、がんなどのリスクがあると言われています。

2.ソルビット液(ソルビトール)
比較的に安全と言われている甘味料ですが、妊娠中は体に入れない方がいいと言われています。
副作用としては、ガスだまりや下痢などの症状があるようです。

3.スクラロース
世界で最も危険とされている甘味料。
海外では毒とも言われているようです。
加熱すると毒が発生。砂糖の600倍甘いと言われています。

4.パラベン
パラオキシ安息香酸エステルを総称してパラベンと呼ばれています。
こちらの成分は防腐剤で賛否両論があり、発がん性のリスクがあるという情報があります。
化粧品などにも用いられるパラベン(防腐剤)の効果はもちろんあり、消費期限を気にすることなく長期間利用できることから必要不可欠なのです。この防腐剤がなければ腐敗が早くなり、歯磨き粉や化粧品を身体、肌などに腐敗したものつけたり、口に入れるというのはどうなのかと疑問視されている点もあるようです。しかしながら、防腐剤を口に入れるのはどうなのかという面も無視できません。このようなことからパラベンは重要でもあるが、危ないという話もあるのです。

5.ラウリル硫酸ナトリウム
発泡剤や洗浄剤であり、シャンプーや髭剃りのクリームなどに使われる。
発がん性の原因となるとも言われています。実際に日本では否定されている部分もあり、海外でも毒性はないという話もあります。しかしながら、このような危険な話が少しでもあるのなら、できるだけ避けた方がいいのかもしれません。

6.モノフルオロリン酸ナトリウム
この成分はフッ素であり、フッ素は脳に作用し、多動性障害や学習障害、注意欠陥障害などの影響があるとも言われているようです。他にも発がん性の危険性も指摘されています。
これも賛否両論であり、大量のフッ素を摂取するようなことでない限りこのような可能性は低いだろうという声もありました。

以前にも甘味料の危険性を他の記事でお話ししました。人工甘味料を身体に入れてしまうのは、とても危険です。
人工甘味料について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

このような危険視されている成分が入っているので、避けるべき歯磨き粉なのです。


研磨剤で磨き続ける危険性と恐ろしい事実

この歯磨き粉やペーストで長期間歯磨きした結果

先ほど紹介した清掃剤(研磨剤)が含まれる歯磨き粉を使い続けると下のような影響が!
・歯茎が下がる。
・エナメル質が剥がれる。
・歯肉炎。
・粒が歯周ポケットに入り込み歯茎が腫れ上がる可能性も。
・知覚過敏の原因に。
・最悪の場合、歯が抜け落ちるリスク。
・発がん性の可能性も。


なぜ粒入りの歯磨き粉を売り続けるのか?

売り続ける理由にはこんな裏があった!?

やはり、企業のブランド力や会社の印象によるものです。
有名企業はCMも多く競争も激しいのです。
今まで売れてきた商品の変更や顧客への定着をしているので今更粒が危険だということを伝えることは信用や不信感につながり、そのような危険だという報告はあり得ないのです。

ちなみにですが、粒入りの歯磨き粉にはこんな表記もありました。
歯磨き粉、クリアクリーンにある裏面の注意事項。「顆粒入りなので、インプラントの方は使用について医師にご相談ください。」

「顆粒入りなので、インプラントの方は使用について医師にご相談ください。」
だそうです。
このようなことが書いてあるということは歯の下に歯磨き粉に入っているツブツブが歯周ポケットから入り込んでしまう可能性があるという示唆をしているのです。
これは通常の歯でも考えられることなので、やはり危険視すべき点だということです。


キレイな歯を保つには?

綺麗で健康、丈夫な歯を保つ方法

キレイで健康な歯を保つには歯磨きをすることはもちろん重要ですが、他にも歯と歯の間や隙間も掃除することもとっても大切なのです。
これをすることにより、虫歯、歯周病、口臭など様々なことを防げると言われています。
歯医者さんもオススメするデンタルフロス、歯間ブラシや糸ようじがあるようです。

小林製薬の糸ようじ

ブラッシングした後の仕上げにデンタルフロス、歯間ブラシや糸ようじでの歯の掃除はとても重要な役割をします。
このようなものを使うことによって歯と歯の間に挟まった食べかすや歯垢を除去できるのです。
それにより、虫歯予防、歯周病予防、他にも肺炎、糖尿病、心筋梗塞や妊婦に関わる病気や生まれてくる赤ちゃんの病気などを改善するとも言われているのです。

小林製薬の入りやすい糸ようじ

歯と歯の隙間があまりなくきつい方はこちらの方がいいと思います。

小林製薬のやわらか歯間ブラシ

歯間ブラシも使用して、細かい部分の歯垢や食べかすを除去して、歯周病、歯肉炎、口臭や虫歯予防をしましょう。

毎日の歯磨きは重要ですが、歯を白くキレイな状態で保つには歯医者さんに行くことも大切です。
茶渋汚れや紅茶やコーヒーが原因となるステイン汚れは歯磨きだけではどうしても落としきれないので、自分自身の歯のチェックも兼ねて3ヶ月に一回は定期健診や歯の掃除をおすすめします。


まとめ

粒入りの歯磨き粉がどれだけ危険かということが分かったと思います。
使い続ければ歯茎が腫れたり、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうということにもなりかねません。歯を安心、安全、キレイに保つには毎日する歯磨きと歯磨き粉選びが重要です。
歯磨き粉は裏の表記を見て説明したような表記がないか、確認して購入を考えるといいでしょう。
それに加えて、歯医者さんに3か月に1回くらいは定期健診に行くようにしましょう。
ステインなどの歯にこびりついた汚れも歯医者さんに行けば綺麗に落としてもらえますよ。
まだまだ、このような危険性は認知度が低い事実であることを広めていきたいです。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


メルマガ購読プレゼントキャンペーン実施中!
詳細はこちら

ブログを読んでいただきありがとうございます。
お得な情報やプレゼント企画、購読者限定キャンペーンなど配信します。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。




Facebookのいいね、Twitterのフォローもお待ちしております!