オウム病に要注意、飼っている鳥や外にいるハトなどのフンの細菌で病気に感染する。
今年4月に妊産婦2人が死亡した。原因はオウムやインコなどの鳥から感染する「オウム病」だ。
2016年以降、国内での妊産婦の死亡例は初のようで専門家は鳥との接触を避けるようにと呼びかけている。

オウム病とは

オウム病クラミジア(Chlamydophila psittaci)病原体。
オウム病は様々な方法で人に感染し、発病。重症化した場合には死に至ると言われる恐ろしい感染症だ。

感染経路

ハトに触れたり、エサを絶対に与えてはいけない。色々な危険が潜んでいる。
インコ、オウム、ハトなどの鳥類の糞に含まれる細菌(クラミジア・シッタシ)を吸い込むことや口移しでエサを与えることによって感染。
ペットの飼育によっての感染や外出中にハトや鳥がフンを撒き散らす時にも要注意。
鳥は飛ぶ瞬間にフンをすることが多く、羽で羽ばたいた時にフンに含まれる細菌が散布し、感染につながる。
潜伏期間は1~2週間。

症状

オウム病の症状は重症になると恐ろしい
ヒトに感染し、肺炎などの気道感染症を起こす。
急な高熱やせきなどインフルエンザのような症状が出る。

初期症状:
高熱、頭痛、倦怠感、食欲不振、筋肉痛や関節痛など。

対処法と予防法

オウム病の予防と対処法には掃除や手洗いうがいの徹底が必要だ。
手洗い、うがいの徹底。マスクの着用。
鳥との接触やむやみに触ることは避ける。
飼育の際には鳥カゴなどケージ内は糞を掃除して清潔に保つ。
ペットとして飼っていても健康チェックや管理に注意。

鳥との接触を避け、むやみに触らない。特に妊婦は注意。
鳥を飼うときは、ケージ内の羽や糞をこまめに掃除する。
世話をした後は、手洗い、うがいをする。
健康な鳥でも保菌している場合が有り、体調を崩すと糞便や唾液中に菌を排出し感染源となる場合があるので、鳥の健康管理に注意する。
口移しでエサを与えないなど、節度ある接し方をする。

感染してしまったら

アレルギー反応、オウム病は最悪死に至る恐ろしい病気
鳥を飼っており、治りにくい咳や息苦しさなどの症状を感じたらオウム病を疑って病院を受診し、鳥を飼っていることを医師に伝えましょう。
オウム病は潜伏期間の後に、突然発病するのです。軽い場合は風邪程度ですが、高齢者や赤ちゃんは重症になりやすくとても危険です。重度の症状になると、呼吸困難、意識障害などが起こり最悪の場合は死に至ることも。
どのような接触の仕方だったのか覚えておくことも重要です。

検査については血液検査や咽頭拭い液や痰などから検出されます。

治療

重症になったら死を招く恐怖の病気
オウム病の治療方法としては、薬などの抗生物質を医師の説明で処方されます。また、9歳未満のお子様や妊婦は他の薬の場合もあるようです。

まとめ

どんな病原菌を持っているのか分からないので、できるだけハトや鳥などには近付かないようにすべきでしょう。もし、鳥との接触がありオウム病の疑いを少しでも感じたらすぐに病院を受診し、医師の適切な処置をしてもらうことが重要です。接触した時は、どんな状況だったのかしっかり把握しておくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


ブログを読んでいただきありがとうございます。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。

FacebookTwitter (Maria / Ken)のいいねやフォローもお待ちしてます!