爪の皮膚ガンメラノーマは怖い。その症状と治療法とは?

ガンは油断ができない。

8月19日に、ネイリストのジーン・スキナー(Jean Skinner)はフェイスブックである写真をシェアしました。
この写真はスキナーのネイルサロンで予約なしに来場したお客様の爪が写っている写真です。
女性客の爪には黒い線があり、その線を隠して欲しいとスキナーに頼みました。
「この線が隠れるほどの暗い色でお願いします」という一言。

女性は、このネイルサロンは初めてではなかったです。
色々なサロンに行ったことがあり、線について色々と言われました。
「カルシウムが足りない」や「遺伝性かもしれない」、「血豆」など、今までに様々な理由を当てられていました。女性は、大して心配することがなく、何回もネイルの色で線を隠してもらっていました。

しかし、今回のネイルアーティストは医学的な知識があり、恐ろしい事実に気づいたのです。
スキナーは、爪の黒い線は皮膚癌のメラノーマだとすぐにわかりました。
女性を怖がらせたくなかったが、すぐに病院へ行くようにと女性に強く言いました。
女性はこの後、すぐ病院に行って、後日スキナーに報告の電話をしました。
病院の先生も、ネイルアーティストのスキナーと同じ意見で、診断された結果は悪性のメラノーマと診断されました。さらに、女性のメラノーマはすでにひどく悪化していて、リンパ節まで広がっていました。

メラノーマの症状から、がんのステージ3~4まで進んでいました。

メラノーマは、ステージ1、もしくはステージ2で発見されれば完治する可能性は70 ~ 90%以上。ただ、残念ながら、ステージ3では50%以下で、ステージ4では予後は10%未満です。
言う必要もないでしょうが、今回、来店客女性の皮膚癌メラノーマはかなり進行しており、危険な状態であるということ。

この女性の件を例にして、スキナーは爪の異変にも気をつけるように、と呼びかけています。
手だけではなく、足の爪も定期的にチェックするべきだと言っています。
「異変があっても心配する必要がないケースがほとんどですが、大変な病気の症状である場合もありますので、どうか爪の異変に気をつけてください。」
自分の爪だけでなく、周りの年をとった方々や他の自分の爪のチェックができない不自由な人の爪もチェックをしてあげるように、と強く呼びかけています。

その来店客の爪の画像がこちらです。

メラノーマとは

メラノーマ(melanoma)は、皮膚癌の一種。
太陽の紫外線でがんのリスクが高くなると言われます。
メラノーマは転移しやすい癌なので早期発見と早期治療はとても大切です。

症状は爪に線ができる以外にも色々とあります。
・年をとってから突然新しいほくろができる、もしくは濃いシミができること。
・前からあったほくろの形や色が変わる。大きくなったら要注意!(直径6mm以上を目安に)
・爪の色が黒くなったり、簡単に割れたりすること。

病院へ行くべきか?

自分に当てはまると思う症状があれば、病院で検査してもらうべきです。
上のスキナーが言うアドバイスのように、症状があってもガンではない可能性が高いです。
はっきり言うと、ガンではない可能性の方が何倍も高いです。

しかし、ガンの可能性もあります。
ほとんどのガンは、早く発見されれば、治療が成功する確率がとても高いのです。
メラノーマの場合は、早期発見できれば、生存率は90%以上です。

ガンだと診断されるのは誰でも怖いですが、少しでも不安であれば、病院に行くべきです。
行って何もなかったという結果がわかれば安心できます。
また、早期発見、早期治療ができれば、ガンを乗り越えられる確率は断然高くなります。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


メルマガ購読プレゼントキャンペーン実施中!
詳細はこちら

ブログを読んでいただきありがとうございます。
お得な情報やプレゼント企画、購読者限定キャンペーンなど配信します。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。




Facebookのいいね、Twitterのフォローもお待ちしております!