今月5日に新潟県加茂市の加茂暁星高等学校(かもぎょうせいこうとうがっこう)で野球部、女子マネジャー(16)が、低酸素脳症で亡くなった。先月、7月21日、3キロ以上離れた球場で練習があり、女子マネジャーは参加した。午後7時半頃に野球部員が練習終了後に一緒に走って学校に戻り、玄関付近で女子生徒は倒れ、意識不明となり、救急車ですぐに搬送され、治療を受けたが、5日午後6時過ぎに亡くなった。

通常ではマイクロバスを利用していたが、その日は負傷した部員がいたため、マイクロバスには乗らず、監督は「マネジャーはマイペースで走って帰るように。」と指示したという。その後、女子マネジャーは倒れ、意識不明の重体となり、監督が駆けつけた。「呼吸は弱いけどある。」と言い、AEDは使わず救急車が来るのを待った。

新潟県、加茂警察署は業務上過失致死の疑いなどで、事情聴取していくという。

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


ブログを読んでいただきありがとうございます。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。

FacebookTwitter (Maria / Ken)のいいねやフォローもお待ちしてます!