ハグは薬よりも効果的!毎日大切な人とハグをしましょう
あなたは大切な人とハグしていますか?
ハグは抱きしめること。抱擁ともいうのでしょうか?
恋人同士は何となく恥ずかしい。結婚生活、慣れてしまうとハグなんて嫌だ。なんて人も多いのでは?
そもそも人が抱き合うのは何故だろう?

ハグは好きな人に対しての愛情を表す。
海外では家族や友人に対しての挨拶や敬意を表して気持ちを伝えることもある。

ハグは相乗効果であり、支え、安楽、慰めをもたらす。

ハグには色々な健康的な効果もあります。

いい気持ちになってモチベーションが上がる

ハグは楽しい気持ちになる魔法の行為
脳のドーパミンというホルモンとセロトニンというホルモンの分泌量が増えることで、いい気持ちになり、モチベーションが上がります。セロトニンの発生で嫌な感情の気持ちが抑えられます。

血圧が低くなる

誰かに触れると、肌のパチニ小体が発動して、脳の迷走神経にシグナルを送ります。迷走神経は脳の神経の一つであり、様々な働きの中で血圧を下げる効果もあります。さらに、ハグすることで脈拍が遅くなって、血圧を下げて心臓のあらゆる問題の確率を下げます。
ちなみに、血圧を下げる以外に、迷走神経はリラックスすることにも重要で、呼吸や心臓の働きにも重要な神経です。

ストレスと不安に完璧な治療法

ハグには特殊な治療法が?
抱き合う瞬間にストレスホルモンのコルチゾールの発生量が少なくなります。さらに、ハグすることで体に溜まった緊張がほぐれます。脳に落ち着くためのメッセージも送られます。安心感が与えます。
ドーパミンレベルが上がることはうつ病の回復にも繋がるという研究結果もあるのです。

免疫力が高まる

アメリカでは「1日に一個のりんごを食べると医者が来ない」というようなことわざがあります。しかし、カーネギーメロン大学の研究結果によると、りんごよりもハグの方が体にいいかもしれないと言っているのです。404人が参加した研究で、ハグすることが多ければ、病気の感染率は著しく低下したのです。
ストレスが溜まると免疫力が低下しますので、特に精神的に苦しい状況でたくさんハグした方がいいかもしれません。

痛みを和らげる

ハグすると痛みを和らげるエンドルフィンが発生します。このエンドルフィンが脳の痛みを伝えるメッセージをブロックして、痛みを和らげます。軽く怪我した時に、最初は痛いけど何分か経つと少し気持ちよくなる感覚を感じたことがありますか?これもエンドルフィンの効果です。

自分への自信が高くなる

ハグという愛情表現は自信にも繋がる
特に子供が自信へ繋がる効果が見られます。脳のドーパミンレベルが上がることによって、自信が上がって、自分への疑いが晴れます。「私には絶対できない」というような消極的な考え方が抑えられて、ポジティブな自分になり自信が持てます。

子供の成長に大切

ハグによって子供に与える影響は大きい。優しい子に育つ
子供は健康的に成長するために、肌と肌の触れ合いが大切です。
親のいない子が参加した実験では、愛がいっぱいなハグをもらったら、飛躍的に頭が良くなりました。
この他にも、ハグは子供の健康維持や神経の成長などにも効果が得られたのです。
優しい子に育つとも言われます。

ただし、ハグすればいい気持ちでは意味がありません。
愛情がいっぱいなハグではないと、このような結果にはならないそうです。
無理して適当にハグすることはよくないのです。

難しい状況を乗り超える助っ人になる

難しい事や厳しい困難を乗り越えるためにハグで気合いを入れる
ストレス、人生の厳しい状況など。
特に死に感する不安や怖さが和らぐという研究結果があります。
これは全ての状況に言える事で、人生がつまらない、病気になっていたり、仕事のストレスや不安などに直面した時に、いっぱいハグした方がいいの言えます。

神経システムのバランスをよくする

ハグは心の乱れを落ち着かせる効果が
脳の迷走神経につながっている肌のパチニ小体が発動することで脳の自律神経の副交感神経のバランスが良くなります。神経システムのバランスはストレスや免疫力など、様々なことに対して重要な影響を与えますのでバランスが大切です。

幸せになる

ハグは人生の幸せに影響する
「ハグホルモン」とも呼ばれるオキシトシンが脳下垂体によって発生します。
オキシトシンはストレスホルモンのコルチゾールの量を低下させ、脈拍を遅くし、血流をよくします。全体的にいい気持ちになるので幸せにつながると言うのも過言でありません。

愛の気持ちが伝わる

ハグは愛を感じ合うことができる
うまく言葉にできない気持ちが相手にそのまま伝わるのです。
何も言わないで相手のことをどれほど大切に思っているか伝わります。ハグで発生するオキシトシンによって、相手との信頼関係が深まって、絆が強くなります。オキシトシンはお互いのわかり合い、共感の気持ちを強くします。

ちなみに、オキシトシンは英語で「love hormone」、ラブホルモンとも呼ばれています。
大好きなパートナーと上手く関係を築いていくのにとても大切ですね。

最後に

どのくらいハグをすればいい?と思う人がいるかもしれません。多ければ多いほどいいです。さらに、長ければ長いほどいいです。数秒しか経たない短いハグだと、体の緊張状態もほぐれません。
これでもあなたは「ハグをしない」と言えますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


ブログを読んでいただきありがとうございます。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。

FacebookTwitter (Maria / Ken)のいいねやフォローもお待ちしてます!