可愛い子犬

夏場は猛暑が続き辛い日々が続いていますが、買い物や遠出の移動時に車は便利ですよね。エアコンが付いていて、走っている時は涼しくて外より快適で過ごしやすいです。しかし、車を止めてエアコンを切ると暑くなるのを誰でも知っていますね。

しかし、どれほど暑くなるか知らない人も多いのではないでしょうか?

どのくらい暑くなるか?獣医の実験

Dr. Ernie Ward(獣医師アーニー・ウォード)というアメリカの獣医は車内の温度がどれほど上がるかの実験を行いました。ウォードさんは海外でとても有名で、テレビにも出ることも多い。獣医としてだけではなく、ペットの健康や幸せな人生を送るために様々な活動をしている。

YouTubeにアップした動画で、ウォードさんは日が当たる場所に車を駐車して、車の窓を2,5〜5センチメートルほど開いたままにします。温度計を持って、車内に入り、ドアをしっかりと締め、運転席に座ります。
温度がいったいどれほど上がり、どれほど苦しくなるか試してみたくて、自分自身でやってみることになりました。

2012年に投稿された動画の再生回数は229万人にも達している。

ウォードさんは30分間、車の中にいて、温度がどれほど上がるか実験するのです。
窓はかなり開いているから大丈夫ではないかと思う方々もいるかもしれませんが、温度はかなりの速さで上がっていくのです。

車に入るときにも温度はかなり高く、暑い日なので、34度程。
5分経つと、約37~38度に上がっています。

ウォードさんは暑そうで、全く風がないと言っています。
外には風が吹いているが、窓から全く入ってこないそうです。

開始から10分。

温度計を見ると41度!!
汗をかいて、ウォードさんは「この実験しなければよかった。」
と苦しそうな一言。

15分経ったところで43度です。
ここでウォードさんからの「子犬だったら相当やばいだろう」との一言。

ウォードさん自身でもとても暑そうです。

さらに10分が経ち、25分の時点で45度です。
かなり汗をかいているウォードさんは車を出たいと言っています。シャツが汗でずぶ濡れになっています。

しかし、ウォードさんはこれは悪い事だと言いません。
「私は汗をかくことができる。しかし、犬にはできない。犬が汗をかくことが不可能だ。」

30分の時点で47度です。
犬はどんな気持ちか、どんなに体調が悪くなるか自分自身で実験してみたかったウォードさんは、その気持ちをよくわかったと言っています。
「犬の気持ちは想像できる。何もできなくて、怖くて、苦しくて。飼い主がいつ戻るかわからないまま不安を感じて、暑い車で待つしかない。徐々に犬のエネルギー、いや、命が暑さに燃やされる。」

ウォードさんからペットの飼い主に直接向けた言葉である。
「1秒だけだ。すぐ戻る。窓開けとくから大丈夫。そんな言い訳はいくらでもできる。ただ、それはあくまでも言い訳だと。なんの意味もない。」

最後に強い一言
「犬を車に置き去りにしないで!!」
と注意を促した。

他の動画も

ウォードさんに続いて、他の獣医たちも次々に動画を作っています。イギリスのローリーさん(Rory)の実験では、34度だった温度はたったの20分で50度程に上がりました。この若い男性もペットを置き去りにしないように、強く主張しています。

このような動画のように、大人の人間でも暑い車の中でいるのは苦しいのです。
汗をかくことで暑さを放熱できない犬はなおさらということがはっきりと伝わります。犬を車に置き去りにすると、大切なペットに苦しい思い出を残させることになりかねません。
最悪の場合、命に関わることにもなります。

しかし、車に置き去りにしていけないのはペットだけではありません。

犬だけではない!年々赤ちゃんや子供が死亡

赤ちゃんの小さな手

海外では、車の中で待たされた赤ちゃんが亡くなった事件は年に何回もあります。

今年の7月だけでアメリカで暑い車内で死亡した子供の数は11人でした。
7月28日アメリカのアリゾナ州では、生まれてからたった7ヶ月のエンドレス・ゼイン(Zane Endress)は車に忘れられて死亡。この24時間後、同じアリゾナ州で1歳の男の子も同じ理由で亡くなっている。

このような事件は稀なことではありません。
1998年以降、アメリカで暑い車の中で死亡した子供の数は729人に達しています。今年だけでもう37人。

さらに、車が耐えられないほど暑くなるのは夏だけではないようです。
このような事件は冬の12月や1月などにも起きることがあります。太陽の光が強ければ、車はオーブンのように暑くなる可能性があります。

自分の力で車から出られる大人であればさほど危なくないのかもしれませんが、小さい子供は助けを呼ぶこともできず、窓ガラスを叩くことさえできません。誰かを待つしかありません。
その誰かが子供のことを忘れていても、待つしかないのです。

本当に残酷な状況です。

10歳の子供の発明が解決に繋がる?

アメリカ人の10歳のBishop Curry Vという男の子の発明はこのような問題が解決になる繋がる可能性があります。

きっかけは、Bishopの近所に赤ちゃんが車の中で死亡した事件でした。
Bishopは悲しい気持ちになって、このようなことはもう起こらないようにとあるアイデアを思いついたのです。考え始めて、作りたい機械の絵を描きました。Bishopが発明したデバイス「Oasis(オアシス)」は、置き去りにされた子供に涼しい空気を吹き、自動的に両親と911番にかけてくれるという優れものです。Bishopはお父さんと協力して、この機械で特許を取りました。

特許を取ってから、インターネットで寄付をもらい、トヨタに頼んでOasis(オアシス)を作ってもらいました。

このデバイスはたちまち有名となり、多くの人々に買ってもらい、車に置いておけば、死亡事故は減るという期待をされています。

最後に

どんな状況であっても、犬や他のペット、赤ちゃん、子供や大人でも車の中に放置してしまう事は絶対してはいけないのです。耐えて生き残っても、辛い経験になります。

「置き去りにしない。」ということさえ覚えていれば二度とこのような残酷な悲劇は起こらないのです。

犬と車で旅行した時、絶対に一人で車に置き去りにしないようにしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


ブログを読んでいただきありがとうございます。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。

FacebookTwitter (Maria / Ken)のいいねやフォローもお待ちしてます!