FlashAir(フラッシュエアー)はデジタルカメラや一眼レフなどのカメラにFlashAir SDカードを挿入して使用することで、USBケーブルを使わなくてもiPhoneやパソコンで画像の保存や確認ができるとても便利なWi-Fi内臓のSDカードです。

iPhoneでFlashAirが接続できないことや使用できないことってありますよね?

これを見れば即解決です!

FlashAirが接続できない時の対処法

まず、こちらからSDカードの初期設定を行ってください。

1.まずはじめにiPhoneのApp storeからアプリをインストールしましょう。下記のロゴが目印です。

2.次にiPhoneの設定画面を開いてください。

3.設定画面からWi-Fiをタップ

4.下記の画像のように設定

5.“i”ボタンを押した後に下記の画面が開くので両方オフに。

6.パスワードを入力し、右上の接続をタップ。

7.接続完了!

これでiPhoneで画像を確認することができるようになります!

最初にインストールした、FlashAir(フラッシュエアー)のアプリを開き画像の確認や保存ができます。

東芝、FlashAir SDカードの種類

東芝のFlashAir SDカードには容量によって種類があります。
・TOSHIBA FlashAir 8GB 日本製 クラス10

Amazonで購入
あまり容量はいらないよという人はこちらでOK

・TOSHIBA FlashAir 16GB 日本製 クラス10

Amazonで購入
そこそこ容量があり、撮影と削除を繰り返す人はこちらがおすすめ

・TOSHIBA FlashAir 32GB 日本製 クラス10

Amazonで購入
容量が多いので長い間、保存しておきたい方におすすめ。クラスも10なので高速です。


Wi-Fi付きSDカードを利用するとデジカメをパソコンに接続することなく画像の保存できたり、撮影してすぐに画像をパソコンやスマートフォンで見ることができるのでとても便利です。

ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

もし記事が良かったなと思ったらシェアやこのページ(KettiNotes)をこちらから購読していただけたら嬉しいです。日々最新記事をお届けできるように頑張ります! フェイスブックやTwitterなどのフォローもお気軽にしてください!Twitter (Maria / Ken) または Facebook.