英語は単語や文法をたくさん知っていても、文章を読んでいると時々意味が分からなくなることがありますよね。色々な理由でわかりにくくなることがあるが、特にイディオムは勘違いしやすいのです。

そもそもイディオムとは、熟語や慣用語句という意味で一つの単語にもう一つ加えると全く違う意味になってしまいます。例えばtakeは「(物を)取る」や「写真を撮る」というような意味がありますが、take part in ~ では「〜に参加する」という全く意味が違ってしまうのです。ややこしいですよね。このように一つの単語で覚えるだけでは英語は読めないことも多いのです。なので、イディオムを覚えることはとても重要な要素なんですよ。センター試験、英検やTOEIC対策としても覚えておきたいものです。

今回紹介するのは、「hit」という単語を使っているイディオムです。
「hit」という動詞の本来の意味は「叩く」ですが、この記事で紹介するイディオムでは全く意味が違うのです。

1. Hit the books

勉強の本

「Time to hit the books!」という文章を聞いたことはありますか?この文章を言葉通りに訳したら本を叩くという意味になりますよね。しかし、「hit the books」は本を叩くという意味ではなく、勉強するという意味。

例文:
「Sorry, I can’t go today. I gotta go home and hit the books.」
翻訳:
「ごめん、今日行けないよ。家に行って猛烈に勉強しなきゃダメだよ。」

本にイライラをぶつけないとダメというように訳してもある意味で合っているかもれしれないが、勉強といった方がわかりやすいでしょう。
英語の勉強にとても使えそうなイディオムですね(笑)

2. Hit a home run

ホームランを打つ

本来はホームランを打つという意味で、そのまま使われているのですが、イディオムとして使うときには少し違います。野球のホームランはとてもいいことですよね。英語の「hit a home run」、実は何かで成功するという意味です。

例文:
「I think I’m going to hit a home run on my English test tomorrow.」
翻訳:
「明日の英語の試験はすごくうまくいくと思う。」

上の例文では、英語の試験でホームランを打ったりはしないけれど、ホームランと同じくらいの成功になるということなのです。

3. Hit the sack

寝ている猫

「Sack」という単語自体は袋やリュックサックですね。しかし、それを打つという意味では訳しても全く分からないですね。これは「寝る」という意味。もう少し詳しく言うと、床に就く・布団に入るという意味になって、単純に話し言葉で寝るという意味でも使われているようです。

例文:
「I’m so tired I’m just going to hit the sack. Good night!」
翻訳:
「すごく疲れてるからもう寝るわ。おやすみ〜」

例文:
「I don’t know why I’m so tired. I hit the sack really early last night!」
翻訳:
「なんでこんなに疲れてるのかわからない。昨日すごく早く寝たのに!」

Hit the ceiling

何かを天井に打つという意味ですが、イディオムとしてはとても怒って、怒鳴るという意味になる。

例文:
「I’m late again, I’m sure my boss will hit the ceiling.」
翻訳:
「また遅刻しちゃう。絶対に上司に怒られる。」

例文:
「My dad hit the ceiling when he saw my grades.」
翻訳:
「私の成績を見て、父はすごく怒った。」

ちなみに、「Hit the roof」も同じ意味です。

Hit the nail on the head

言葉の通りに訳してしまうと、頭に釘を打つという意味になります。本来の意味ならばあまり良くないことですが、イディオムとしての意味は、「何かの核心を突く・とても正当なことを言う・何か完璧にする」という意味。英語で説明すると、「To be absolutely right」という意味です。例文で見るとわかりやすいです。

例文:
(レストランなどで味が濃すぎたシュチュエーションで)
「Yamada hit the nail on the head when he said the problem was the salt.」
翻訳:
「山田は塩の問題だと言ったのは、まさに核心をついた。」

例文:
「You have hit the nail on the head」
翻訳:
「(あなたはその発言で)まさに核心をついた。」

使い方としては、疑問、問題や原因などを考えている時に、誰かが「そうだ!」と納得できることを言った時などに便利。

Hit the panic button

パニックボタン

実際にボタンを押すわけではなく、ただ突然パニックになるという意味だ。

例文:
「Don’t hit the panic button. Just breath and try to relax.」
翻訳:
「落ち着いて!深呼吸してリラックス。」

少し違う意味もあります。この文章を見てください。
例文:
「The team has no need to hit the panic button just yet. They have only lost once.」
翻訳:
「そのチームはまだ焦る必要はない。まだ一回しか負けてないから。」
意味を説明すると、難しいシチュエーションを早く解決するため、何も考えないでとにかく頑張るという意味です。

Hit the road

リュックサックをそって道を進む

旅に出るという意味で一般的に良く使われるイディオム。移動方法に関係なく使えるが、特に車で移動する時に、使用されることが多いのです。主に旅などに出発する場面で使われます。また、どこかから帰る時に家の方向に出発するという時にも使え、単純にどこかから立ち去るという意味でも使える便利な表現。

例文:
「I would love to stay longer but it’s time to hit the road」
翻訳:「本当はもっと長くここにいたいけど、もう行かなきゃ」

例文:
「I’d better go to sleep early today. I have to hit the the road very early in the morning.」
翻訳:
「今日は早めに寝た方がいいな。明日早く出発しないといけない。」

上の例文のように、少しネガティブな意味が入っている。本当は外に出たくない、出発したくない。だけど行かないといけないという感じです。「Have to go」という表現に似ている。

Hit on someone

この流れでもうわかってしまうかもしれませんが、誰かを叩くことではないんです!
逆に、相手に好意を持たれるために行う行動のこと。いわゆるナンパです。

例文:
「Oh my god, I think she’s hitting on me. Should I ask her out?」
翻訳:
「やばい、ナンパされてると思う。デートに誘った方がいいかな?」

会話の例文:
男:「You’re so beautiful I can’t even put it to words.」(言葉で説明できないほど綺麗だ)
女:「Okay, you’re hitting on me.」(はぁ、私のことナンパしてるのね)
*女性の方はあまりいい意味で言っていない。

注意点ですが、「Hit on someone」は地域と人によってニュアンスはかなり変わってしまいます。
純粋に真剣な交際相手を求めている人のことも言うのですが、軽い気持ちで性的関係だけ求めているという意味でも使う。「Flirting」という言葉がありますが、どっちかといえば「flirting」の方が軽い意味で、「Hit on someone」の方が何かアクションを求めているニュアンスになると思います。
軽はずみに使わない方がいいでしょう。

Hit it off

すぐ仲良くなった

誰かと仲良くできるという意味。早く仲良くなったというニュアンスも入っているので、すぐに仲良くなった場合に使う。会ったばかりなのに話が合って、一緒に楽しい時間が過ごせるという意味でも使うことができる。

例文:
「We hit it off on our first date.」
翻訳:
「初デートですぐに仲良くなった」

例文:
「You and Mary seemed to really hit it off. Did you already ask her out?」
翻訳:
「メリーと本当に仲よさそうだったな。もうデートに誘った?」

上の例文は両方ロマンチックな関係のことですが、同じように友達との関係にも使える。面接のようなビジネス場面でも、面接官ととても話が合う場合であったら、後から友達と話す時にもこの表現が使える。

Hit rock bottom

人生のドン底

英語の通り、最低最悪のどん底まで落ちるという意味。最悪な事態になる。これ以上落ち込みようがないくらい、ひどく落ち込む。人生一番の底に落ちる。

例文:
「I hit rock bottom after losing my job and breaking up with my boyfriend.」
翻訳:
「仕事を失い、彼氏とも別れちゃって、人生のどん底まで落ちた。」

例文:
「When you hit rock bottom, you have nowhere to go but up.」
翻訳:
「どん底まで落ちたら、そこから上にしか行けない」(励ましの言葉)

ちなみに、インターネットで「Rock bottom」という言葉をよく見かけます。その言葉は「悪いことではない。」という考え方が最近流行っているようです。「いいスタートだ!」、「チャンスだ!」などのような考え方が広がっているので皆さん「Even if you feel like you’ve hit rock bottom in your English studies, don’t give up!」
というのは、私からのメッセージです。
英語の勉強でどん底に落ちたと思っても、諦めないでください!

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


ブログを読んでいただきありがとうございます。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。

FacebookTwitter (Maria / Ken)のいいねやフォローもお待ちしてます!