ハービー嵐

アメリカを襲ったハリケーン「ハービー」が過ぎ去った後の洪水で、25歳のアメリカ人男性が死亡しました。アンドルー・パセック(Andrew Pasek)は氾濫したアメリカ合衆国テキサス州南東部にあるヒューストン(Houston)で猫をを助けようとして、電気ショックで亡くなりました。

下記のツイートの写真では、アンドルーとアンドルーの姉であるアリッサが写っています。

アンドルーの姉の猫は、洪水で氾濫した水の真ん中に置き去りにされていました。アンドルーは、姉の猫を助けようとして、洪水の中に入っていきました。
しかし、アンドルーの足は電気が通っているケーブルに触れてしまい、大きな電気ショックを受けました。アンドルーはこの後、水の中に倒れ込みました。
アンドルーの友達は彼を助けようとしましたが、アンドルーは悲劇的に助けを拒否しました。
「僕に触らないで、死んでしまう。」(Don’t touch me, I’m dying)
と言いました。

電気が通っている水に入るのは危険なので、このー文で友達の命を救ったかもしれません。1時間と30分も経ってから電気を止めることができ、救急隊が水に入ることができて、そしてアンドルーを氾濫した水の中から発見しました。
残念ながら、アンドルーはすでに死亡していました。

「私のヒーローになろうとしただけです。」と男性の27歳の姉がコメントしました。
姉の猫を助け、妹を安心させたかったそうです。

「あの子、本当に何も怖がらない。本当に勇ましい子だった。」と姉のアリッサ(Alyssa)は自分の弟のことについて話しています。

猫はどうして洪水に囲まれたのか

大きな猫

家族は家を出て避難した際に、猫を一緒に連れて行こうとしました。来年の2月に結婚する予定のアリッサは自分のウエディングドレスを二階に移動し、ついでに猫を一階に来るように呼ぼうとしていました。しかし、猫は断りました。
アリッサの猫はマイネクーンで、大きくて、少し無愛想だったそう。自動で餌を出す機械と共に猫を残して避難したようです。

後でアンドルーは、猫を置いて出たかどうか姉にメールで確認すると、置いて家を出たと姉から聞いて、アンドルーがとても心配したようです。

アンドルーはボーイスカウトに所属しており、普段から動物が好きで野良猫や野良犬などをよく助けていました。

猫は、救急隊によって助かりました。

アンドルーはなぜ電気ショックを受けたか

子供と洪水

アンドルーは、2011年に車に轢かれました。この事故では、アンドルーの足首に大きな怪我をし、手術を受けなければ歩けないという事態になりました。何度も手術を受けて、金属のネジを足首に入れてもらって、歩けるようになりました。

足首に金属が入っていたため、電気が通っている水に入ったらすぐに大きな電気ショックを受けました。
水には電気が通っていたので、普通の人でも危険だったようですが、足首に金属が入っているアンドルーにとってはさらに危なかったということです。救急隊も、電気を止めることができるまでに水に入れなかったので、すぐにアンドルーを助けることができませんでした。

このような洪水が起きているのに、発電所は電源を切らなかったということに注目が集まっています。
今後同じようなことがないように、アンドルーの家族は発電所に注意を呼びかけています。

最後に

このような悲劇的なことが起きると、台風や嵐のような自然災害がどれだけ危険かということを改めてわかります。
洪水は、水が多いだけではなく、他にも多くの危険が潜んでいるかもしれません。
水が氾濫した場所で、誰かを助けようと思い水の中に入っていくのは大変危険です。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


メルマガ購読プレゼントキャンペーン実施中!
詳細はこちら

ブログを読んでいただきありがとうございます。
お得な情報やプレゼント企画、購読者限定キャンペーンなど配信します。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。




Facebookのいいね、Twitterのフォローもお待ちしております!