高校野球、広島大会で起こった珍プレー、キャッチャーボーク(捕手ボーク)
徳島大会で起こった衝撃の結末は、キャッチャーボークによりサヨナラ負け。
高校野球は夏の甲子園に向けて試合の真っ只中だ。
そんな15日の徳島大会で珍プレイが起こった。城東VS阿波の試合で1-1で迎えた九回裏、城東は1アウト3塁。阿波は緊張の場面を迎える。ゲッツーを狙うため敬遠策をとった。
しかし、捕手がキャッチャーボックスの外に出た状態で、投手が投球したためボークを宣告された。
3塁ランナーはホームベースを踏み城東はサヨナラ。2―1で阿波に勝利した。
ちなみにキャッチャーボックスとは、捕手が座っている左右にある線のことです。
メジャーリーグでの素晴らしい野球風景。珍プレー、好プレー集
高校野球、広島大会で起こったキャッチャーボークの動画
これだから野球は恐ろしいのです。

野球には様々なルールがあり、正直全ての事を把握しきれていないことが現実です。
野球のルール数は500個は余裕で超えているようで、細かいルールブックまでになると1000~2000個を超えてくるかもしれないのです。それほど多い野球のルールを覚えるのは中々難しいでしょう。基本的に使うルールは極端に特殊な物は少ないので、細かいルールを覚えていないことも多いのです。
キャッチャーボークを完全に見逃さなかった審判の視野の広さが、すごいと感じました。とても評価できると思いました。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック


メルマガ購読プレゼントキャンペーン実施中!
詳細はこちら

ブログを読んでいただきありがとうございます。
お得な情報やプレゼント企画、購読者限定キャンペーンなど配信します。
ぜひ記事のシェアや購読もお願い致します。




Facebookのいいね、Twitterのフォローもお待ちしております!